学部長メッセージ


“無限の可能性を拓く環境の「学び」”

倉林眞砂斗副学長

副学長
環境社会学部長  倉林 眞砂斗

人類は、これまで、きびしい自然環境や社会環境の変化をいく度も乗り越えてきました。なかには危機一髪の時もあったことでしょう。今日また、「地球の温暖化」や「食の安全」など、地球的規模で深刻な問題に直面しています。

歴史を振り返れば、危機はチャンスと紙一重とも言えます。環境への危機意識の高まりは、世界各地で、さまざまな形での規制を強めています。全般的な規制緩和の流れとは、まるで反対の動きです。そして、これらの規制により、住宅や建築物、自動車、鉄道、船舶、航空、エネルギー、ものづくり、地域づくり、農山村など、広範な領域にわたって、これまでとはまったく異なる取組みが始まろうとしています。

グローバル化時代の中で、環境に係わる問題はますます複雑化し、多角的な視点と対応力が求められます。併せて、ローカルな活動を通して、確かな実践力と問題発見・解決力に磨きをかけ成果を出していくことも必要です。本学のメインキャンパスが立地する房総の緑豊かな自然は、新しい農業・園芸による実践教育に最適です。

時代は、最新のニーズを的確に把握し、将来を見据えて活躍できる新しい人材を求めています。地域密着型の国際大学、総合大学である城西国際大学の環境社会学部は、最先端の視点から環境を学び、実践的に活動することを通して、「エコで健康なライフスタイル」の普及と持続可能な社会の構築に、リーダーシップを発揮して貢献できる環境人材の育成に全力をあげて取り組みます。


Copyright (C) Josai International University. All rights reserved