News



ディーンズランチ

-新しい学生生活に向けて-(No.4)

 

■ディーンズランチ 4月21日(木)

 本日のディーンズランチは、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県と、関東地方出身の皆さんとの交流の場となりました。
 3年生の村樫さんは、一人暮らしを始めてはや3年目。スポーツに打ち込んだ高校時代とはうって変わって、環境について幅広く学び、陶芸クラブで活動する学生生活を送っています。2年生の鈴木さんは、色彩に強い関心をもち、将来は色彩の学びを活かせる仕事をしたいと考えています。
 1年生の日暮さんは、実家が園芸店を営んでおり、本学部での学びを活かしてお店に特色をもたせていきたい、という夢を語ってくれました。山野さんは、以前から「まちづくり」に興味があり、地元に帰って公務員を目指したいとのこと。「環境」の学びから派生する夢は、それこそバラエティー豊かで楽しみです。

 

【学部長からのメッセージ】

 自分の仕事場を得て社会へ出ていくためには、求められる力を身につけていく必要があります。本学部では、1年次からの「キャリア形成」を中心に確かな就業力を身につけてもらいます。加えて、リベラルアーツ&サイエンス(LAS)センターがサポートしますので、就職試験に必要な「読み・書き・そろばん(数理)・プレゼンテーション」の力を着実に高めてください。