News



ディーンズランチ

-新しい学生生活に向けて-(No.5)

 

■ディーンズランチ 4月27日(水)

 本日のディーンズランチに参加していただいたのは、地元千葉で生まれ育った皆さんです。
  3年生の米田さんは高校生の頃から多趣味で、いまは勉学だけではなく陶芸クラブでも活動しています。同じく3年生の平山さんは、多角的な農業経営に関心をもつ一方で、アロマコーディネーターの資格を取りオリジナルアロマ作りのプロジェクトに取組みます。1年生の幸島さん、笹原さん、木村さんは、身近にふれてきた千葉の豊かな自然を通して本学部での学びに関心をもち、将来はその成果を活かせる仕事をしたいとのこと。入学からはや一カ月が経ち、先輩女性陣からのアドバイスを受けて、今後の学びや活動についていろいろ考えたようです。

 

【学部長からのメッセージ】

 長い海岸線をもつ千葉県は山野にも恵まれ、首都東京へのアクセスとあわせて、新しい価値を創り出せる可能性を秘めています。同じ千葉県といえども、その多様さゆえに、意外と知らないことも少なくないのです。地域の特色を正面から見すえ、若い皆さんが生きていきたいと思う社会をイメージしつつ着実に実現していく力をぜひ身につけてほしいと思います。