News


環境社会学部では

今年度も環境先進国ドイツで海外研修を実施します!

 

 本学部では、グローバルな視点を身につけるべく、環境先進国ドイツで環境政策とその背後にある文化、伝統、国民性を実体験します。研修の中心となる地域は、ドイツ西部(マインツ、ハイデルベルグ、ケルンなど)ですが、その中でも、本学の姉妹校で、国際交流協定を結んでいるケルン大学では、多数の教授陣による特別講義も受講するだけではなく、同大学の学生との白熱したディスカッションも予定していて、この研修に参加することにより、環境についてのグローバルな知見を深めることができます。
 環境社会学部では、これまでにも、ハンガリー、中国、イギリスなど、多くの国々の姉妹大学と交流し、地球規模の環境問題について学び、国際人としての飛躍の基礎を築いてきました。

2015ドイツ研修
2015年のドイツ研修。有機農法によるブドウ栽培を実地で学びました。