News


エコプロ2016に出展します!

~地球温暖化対策の最前線を覗いてみませんか~

 

 環境社会学部では2016年12月8日(木)~10日(土)の3日間、東京ビックサイトで開催される「エコプロ2016(主催:日本経済新聞社他)」に出展します。「エコプロ2016」は出展者700社、入場者16万人という日本最大の環境見本市です。今年度の全体テーマは「持続可能な社会の実現に向けて」というもので、企業や自治体における地球温暖化対策や、環境に関連する製品やサービスなどが展示されます。
 環境社会学部では学部設立以来、毎年このような環境見本市に出展し、今回で6回目となります。学生は来場者に展示内容を説明することでコミュニケーション能力を磨くとともに、対話を通じて環境を守る活動の意義を再認識しています。また、多様な出展者の展示を見学することで、環境ビジネスの広がりや就職のための企業研究を行っています。
 今回の出展では、環境社会学部で取り組んでいるプロジェクトや、教育プログラムの成果を発表します。JIUフェスティバルで優秀賞を受賞した里山プロジェクトの研究成果のほか、最先端の環境施策を見学した海外・国内研修の様子を展示します。環境の最前線を体験できる「エコプロ2016」にぜひご来場ください。

 

エコプロダクト2016
エコプロ2016ホームページ(http://eco-pro.com/2016/) 入場無料・登録制

 

過去の出展での様子1 過去の出展での様子2
過去の出展での様子