環境社会学部環境社会学科 城西国際大学
交通アクセス お問い合わせ JIU HOME

 プロジェクト研究 ~実践力を身につける~   
ブルーベリー
プロジェクト
(No.1
ブルーベリープロジェクト(No.1)

県立農業大学校との連携による

ブルーベリープロジェクトがスタート!!

  環境社会学部では、地域連携、学内連携のプロジェクトとして、本学近傍に位置する県立農業大学校との連携によるブルーベリープロジェクトに取り組んでいます。
   県立農業大学校では、校内の果樹園に50種類以上の品種のブルーベリーを栽培していますが、今日のブルーベリーの全国普及の先駆け的な存在としてその技術指導に当たってきました。

  本学では、農業大学校で収穫されたブルーベリーの果皮や実に含まれる機能性成分の「アントシアニン」に着目し、薬学部との学内連携により、品種ごとの含有量や抗酸化作用などについて分析を進めています。

  8月1日には、県立農業大学校の池邉教諭のご指導の下で、本プロジェクトに参加している学部学生たちの手で、熟したブルーベリーの実の収穫作業を行いました。
   この時期は「ラビットアイ」という系統の実が熟しており、品種を見分けながら、比較的大粒で、ブルーム(白い粉:花粉)がついているものを中心に収穫しました。

  今後、分析結果に基づき、栄養価の高いオリジナルの商品開発等に取り組んでいく予定です。


池邉教諭から品種の違いについての説明を受ける学生たち


ブルーベリーの品種や木による味の違いを体感しながら、収穫作業を行いました。

 
多目的防災網(害虫・鳥や風、雹などから農作物を守ります)の中は高温のため、汗だくになりながらも、 ブルーベリーを味わいながら楽しく収穫作業ができました。


黄緑→紅色→濃紫と実が熟していきます。



オープンキャンパスのページへジャンプします! もっと詳しく知りたい人は、オープンキャンパスに参加しよう!
→オープンキャンパスに申し込む方はこちら
→入試情報を確認したい方ははこちら

Copyright (C) Josai International University. All rights reserved