JIU HOME

研究科の特色

教育研究上の目的と3つのポリシー

 こちらのページをご覧ください。






研究科としての理念

 城西国際大学の建学の精神は「学問による人間形成」であり、福祉総合学研究科には、この精神を字義通り体しているのが本研究科であるとの自負がある。さらに、本学の国際大学としての教育理念は、「国際社会で生きる人間としての人格形成」として置かれている。

 このことを受け、学ぶことにより他者を思いやり、他者のために惜しみなく力を尽くすことのできる福祉人材を育て、ひいては福祉文化の構築に役立つ人間的な力を育んでゆくのが本研究科の教育理念である。

 すなわち、やや具体化して述べれば、グローバルな状況において人間の福祉を理解・評価し、少子高齢社会のセーフティネットと福祉コミュニティの創造に資する企画者、管理・実践者などの高度な専門職業人および研究者・教育者を育成しようとするものである。

教員紹介

岩田泉  研究科長/教授 臨床心理学、精神保健福祉論
井上敏昭 教授 文化人類学、福祉社会研究法
堀千鶴子 教授 女性福祉学、現代社会と女性福祉
石田路子 教授 医療福祉学、医療ソーシャルワーク論
増子勝義 教授 福祉社会学、福祉社会原論
所貞之  准教授 児童福祉学、福祉社会演習
清水正美 准教授 社会福祉学、障がい・高齢者ソーシャルワーク論
林和歌子 准教授 社会福祉学、国際高齢者福祉論
広瀬美和 准教授 発達心理学、発達障害支援論
佐野智子 准教授 児童臨床心理学、国際児童福祉論
大内善広 助教 教育心理学、社会調査論

教育目標

1.国家から地域に至る福祉コミュニティの形成にかかわる基礎知識の習得および実践のための概念的基盤の形成

2.グローバルな状況において福祉問題を記述、分析・評価し、その解決と福祉の増進にかかわる能力の形成

3.自ら研究課題を設定し、独自の視点をもって研究を遂行できる展開力・専門研究能力の涵養

4.高度専門職として、学んだ理論および技能を応用し、実践の場で発揮しうる能力の醸成

5.多様な文化と多様な人々の存在を理解し、共感できる広い視野と柔軟な心で福祉文化を築き、人類社会に貢献しうる力の醸成

福祉社会専攻が研究対象とする中心的な学問分野

高齢・障がい者福祉研究分野
 認知症のケア、高齢者の孤独死、高齢者・障がい者虐待、貧困、排除・偏見などの高齢者、障がい者を取り巻くこれらの問題は、世界に共通した、早急に取り組まなければならない課題です。本研究領域では、高齢・障害者ソーシャルワーク論を中心としながら、これらの課題を研究し、さらに加齢学、施設経営、社会起業、国際高齢者福祉などを学びます。

子ども・家庭福祉研究分野
 少子社会における子ども・子育て問題は、マルトリートメントとしての虐待や保育問題、現代における家族のあり方や家族政策にも関連する問題です。また、障がいを持つ子どもの養育や保育、および特別支援教育は、国際的視野においてノーマライゼーションをどう具体的に実現していくかという前提の上に研究が進められる必要があります。本研究領域では、ファミリーソーシャルワーク論を中心に、障がい児保育、発達障がい支援、家族社会学、国際児童福祉などを学び、特に保育や障がい児支援について実証的に研究を進める方法論を学びます。

保健・医療福祉研究分野
 保健・医療の問題を福祉の視点からアプローチし、医学モデルと社会モデルの統合を目指す新しい研究領域です。特に、難病の方々の福祉的ケア、精神障害者の社会復帰、人の死とターミナルな場面における個人と家族の心のケアなど新しい理論と実践を研究します。本研究領域では、医療ソーシャルワーク論を中心に、精神保健福祉と権利擁護、病院マネジメント、グリーフケアと傾聴、国際保健医療などを学び、医療と福祉をどう結び付け、人々のニーズに合わせた、より人間的な保健・医療福祉のあり方を考えます。