社会人1年プログラム

仕事を続けながら1年で修士号を

社会人として経験を積み、さらにキャリアアップを考えたい、あるいは再び大学に戻って勉強を続けたいが、仕事は辞めずに続けたいと考えている方へのプログラムです。この就職難の時代にあって、社会人が職を離れることなく、社会生活での実績を一部単位として認める認定制度により、1年で修了も可能になりました。

子育てをしながら大学院生活を

また、子育ても一段落したが、家族の介護などで、大学に戻ることは困難と感じている方も、土曜日、月曜日の集中講義という形式なら、大学生活が可能となるのではないでしょうか。

女性学を学んで専門職の道へ

男女共同参画社会基本法の制定によって、国と地方自治体のすべてに男女共同参画や男女共生の担当部署が設置されました。各自治体では、それらの部門の担当者研修を行っており、JIU女性学専攻の教員は、その講師として女性学講座を受け持っています。女性学・ジェンダー研究の知識をもつ専門職の人材は、国や自治体などに大いに必要とされているのです。

単位貯蓄型も可能

社会人1年プログラムに入学したあとで、諸般の事情により2〜3年かけて、「単位貯蓄型」で修了したいという変更も可能です。

page top