HOME>IT資格関連

IT資格関連

 


情報のスペシャリストをめざします
情報科学研究センターでは、本学におけるIT教育のミニマムスタンダードの達成、ITスペシャリスト養成教育(上級資格)を習得するためサポートを実施しています。

本学のカリキュラムは授業を履修するだけで、ミニマムスタンダードを取得できるように作られていますが、授業だけでは試験に合格する自信がない人、あるいはより高度な情報資格に挑戦したい人のために、試験関連情報の提供、補修授業の企画・実施や外部の受験専門機関との連携など、さまざまなサポート・メニューを用意しています。
マイクロソフト認定資格とは
Word・Excel(R)・PowerPoint(R)などのマイクロソフトのOffice製品に含まれるアプリケーションソフトの利用能力を証明するマイクロソフト社が提供する資格試験制度です。
Word・Excel(R)が「使える」と一言で表現することは非常に難しいのですが、この資格をもっていることで幅広いOffice機能の知識と実践力を証明できるため、就職活動対策にも有利な資格です。
また、世界共通の認定試験なので合格すれば、世界に通用するPCスキルを証明することができます。
 IT教育のミニマムスタンダード(本学で受験できる試験)
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)一般 Word・Excel(R) (Office2010、2013バージョン)