NEWS

海外インターンシップ報告(韓国)

 「日韓のシー・アンド・エアー(国際海上・航空複合輸送)の比較調査研究プロジェクト・プログラム」

 海外インターンシップ(韓国)は、2017年2月14日から21日までの日程で実施しました。参加人数は日本学生支援機構(JASSO)の奨学生を含め32人でした。
 今回のテーマは「日韓のシー・アンド・エアー(国際海上・航空複合輸送)の比較調査研究プロジェクト・プログラム」としており、日本では京浜港と成田空港、韓国では仁川空港と仁川港、釜山港を見学調査しました。国際物流において日韓両国は、競争や協力する相手でもあり、その現場を直接見ることは貴重な調査研究となりました。釜山港は水深の深さを利用して世界最大級のコンテナー船が入港できる施設を完備しており、その現場を直接見学することができました。
 また、その他にも世界的に有名な韓国企業であるサムスン電子、現代自動車、ロッテグループ系列のL7ホテル、アモレパシフィック(化粧品会社)、韓国電子情報研究院を訪問し、最先端の技術や活気ある企業を見学することができました。
 さらに、文化体験として京福宮、明洞、広場市場、全州韓屋村を訪問しました。特に、全州ではビビンパ作りや伝統衣装である韓服を着ることができたのは、学生によって貴重な時間でした。
 姉妹校大学(建陽大学校)の学生との交流は、今回のプログラムを有意義にするものでした。言葉は流暢に話せませんでしたが、身振り手振りでお互いの悩みや将来について語り合いながら1日交流することができたことで両国の相違点、共通点、コミュニケーション能力の重要性に気付いたことでしょう。本プログラムで学んだ様々な経験はこれから韓国語の取得や留学、進路に繋がることを期待します。

釜山新港
ロッテホテルL7
サムスン電子VR体験
サムスン電子
建陽大学 歓迎会
建陽大学学生との食事会
ビビンパ調理体験
韓服体験
韓服 集合写真