研究科の特色

地域医療から先端研究まで、活躍を待っている4つのフィールド。

Pharmacists Practitioners
薬物治療のトータルマネジメントを担う総合臨床薬剤師

地域医療の崩壊が唱えられる中で、保健・医療・福祉等の多職種間のコーディネーターとなりうる薬剤師の育成を目的としています。地域医療の問題点を的確に把握し、薬物治療にかかわる解決策を立案するとともにその実践・評価を通じ、地域住民の治療や疾病予防、健康維持に貢献します。

Clinical-scientists
科学的洞察力と国際感覚を有する臨床研究者

医薬品のリスクとベネフィットをさまざまな角度から研究し、地域住民による医薬品の適正使用の普及啓蒙に貢献します。科学的視点から地域住民のヘルスリテラシーの向上や包括的な薬剤師の職能向上・職域拡大に貢献できる人材育成を目的としています。

Pharmaceutical Scientists
高度な専門性を有する医療薬学分野の指導者

薬効・安全性学、医療薬剤学、感染防御学、食品機能学、時間薬理学、和漢医薬学などの各研究分野で高度の専門性を有し、研究活動を通じた保健医療の推進と地域住民の健康への貢献に寄与する人材育成を目的としています。

Pharmaceutical Regulatory Scientists
薬剤疫学や医薬品評価科学に精通した専門家

レギュラトリーサイエンス(評価科学)は、科学技術の進歩を人間との調和の上で最も望ましい形に調整する科学とされます。本領域は、医薬品や医療機器を活用するための科学的根拠の収集や開発戦略の立案、および規制当局に対する提言等のレギュラトリーサイエンス発展に寄与する人材育成を目的としています。

ページの先頭へ