研究科長メッセージ

太田 篤胤 教授

城西国際大学
大学院 薬学研究科長
太田 篤胤 教授

薬物治療の新しいニーズに応えるために科学者と実践者の双方の技量を持つ人材を育成します。

現代日本における国民の高齢化や医療資源の偏在は、保健・医療・福祉に関する需給バランスを悪化させています。これからの日本社会においては、高齢社会における慢性疾患に対する適切な治療と予防的取組が強く求められ、医療過疎が進む地方やへき地だけでなく、都市部においても買い物難民や独居老人の孤独死等、それぞれの地域に応じた保健・医療・福祉のあり方を見直し、「地域のまちづくり」そのものを再生することが強く求められています。
「研究者として自立し、研究活動を行うに必要な高度の研究能力を養うと共に、社会の多様な方面で活躍し得る高度の能力と豊かな学識を養うものとする」という本学大学院の理念に基づき、大学院 薬学研究科 医療薬学専攻 博士課程(4年)をスタートさせます。
これからの日本の保健・医療・福祉を総合的・複合的な視野で捉え実務者としての力量と、科学者としての洞察力・研究マインドを併せ持つ人材を育成していきます。

ページの先頭へ