教育方針

これからの保健・医療・福祉ニーズを見据え、実践力と研究力を備えた専門家を育成します。

薬学研究科は、「高齢化と国際化が進む日本社会における保健・医療・福祉のニーズに即し、薬物治療に関わる臨床・実務において科学的洞察力とリーダーシップを有する薬剤師」と、「薬学関連の幅広い社会で活躍できる専門家、特に薬剤疫学や医薬品評価科学に秀でた力量を有する専門家や研究力のある医療薬学分野の指導者等」を養成することを人材育成の主たる目標とし、医療薬学・臨床薬学・生命薬学・創製薬学分野から構成されます。
教育プログラムは、いずれも高度医療薬学教育の実践であり、実務実践力と研究力を備え、新時代のライフイノベーションの推進に貢献し、広く社会から信頼される人材を育成します。

教育研究上の目的等はこちらのページをご確認ください。

ページの先頭へ