もどる
教 員 プ ロ フ ィ ー ル
フ リ ガ ナスズキ タカヒロ職 位客員教授所 属 国際人文学部
 国際交流学科
氏  名鈴木 崇弘
主  な  学  歴
年  月事         項
1971年04月
(昭和46年)
宇都宮高等学校 普通科(入学)
1974年03月
(昭和49年)
宇都宮高等学校 普通科(卒業)
1975年04月
(昭和50年)
東京大学 文科?類 法学部政治コース(入学)
1980年03月
(昭和55年)
東京大学 文科?類 法学部政治コース(卒業)
1983年09月
(昭和58年)
ハワイ大学院 政治学部研究科(入学)
1985年05月
(昭和60年)
ハワイ大学院 政治学部研究科(修了)
主  な  職  歴
年  月事         項
1997年10月
(平成9年)
国際研究奨学財団(のち東京財団)
2001年08月
(平成13年)
社団法人アジアフォーラムジャパン
2002年04月
(平成14年)
阪大フロンティア研究機構(大阪大学)
2005年04月
(平成17年)
自由民主党
2006年03月
(平成18年)
シンクタンク2005・日本
2010年04月
(平成22年)
城西国際大学大学院 人文科学研究科 客員教授
学会及び社会における活動等
所属学会 
年  月事         項
賞         罰
年  月事         項
2003年06月
(平成15年)
大阪駅北地区国際コンセプトコンペ優秀賞[最高賞]受賞(共同提案者)
主 な 資 格 ・ 特 許
年  月事         項
1981年11月
(昭和56年)
行政書士試験合格
教育研究業績書
研究分野研究内容のキーワード
・政治学 
・政治学 政策研究 統治機構 ガバナンス 政策人材
教育上の能力に関する事項
事 項年 月概要
1.教育方法の実践例
 特になし
  
2.作成した教科書、教材  
シチズン・リテラシー2005年04月
(平成17年)
市民教育、政治教育、有権者教育のための教材
3.教育上の能力に関する大学等の評価
 特になし
  
4.実務の経験を有する者についての特記事項  
日本フェニックス戦略…決断と実行の3年間2010年06月
(平成22年)
成長戦略に関する政策提言作成のための政策サポート
政策提言指導(一新塾)2010年09月
(平成22年)
塾生(主に一般社会人)により作成された政策提言に助言、アドバイス等を行う。
大学・地域への貢献に関する事項
事 項年 月概要
1.地域への貢献  
三鷹ネットワーク大学での講演2010年10月
(平成22年)
三鷹ネットワーク大学で日本の政治についての講演。
著書・学術論文等の名称単著共著の別年 月発行所、発行雑誌等
又は発行学会等の名称
備考
(著書)
1.『The Japanese Think Tank
 Exploring Alternative Models』
共編著1993年02月
(平成5年)
The Urban Institute 
2.『シチズン・リテラシー
 社会をよりよくするために私たちができること』
共編著2005年04月
(平成17年)
教育出版すべての編集 
3.『日本に『民主主義』を起業する
 自伝的シンクタンク論』
単著2007年05月
(平成19年)
第一書林 
4.『政策キーワード35』共編著2007年07月
(平成19年)
シンクタンク2005・日本 
5.『18歳が政治を変える!
 ユース・デモクラシーとポリティカル・リテラシーの構築』
共著2008年10月
(平成20年)
現代人人文社座談会 ポリティカル・リテラシーをどう育成するのか 
6.『できる総理大臣のつくり方』共編著2009年09月
(平成21年)
春日出版 
7.『政策形成
 BASIC公共政策学 第10巻』
共著2010年09月
(平成22年)
ミネルヴァ書房第9章 政策人材を育てる政策と学界 
8.『Asia Future Forum 2010: Evolution of East Asian Enterprise』共著2010年12月
(平成22年)
Hankyoreh & Hankyoreh Economic Research Institute(HERI)The New Development of Japanese Politics and the Roles of Think Tanks 
9.『学校「裏」サイト対策Q&A
 子どもを守るために』
共編著2011年06月
(平成23年)
東京書籍全体の編集と主要部分(全体の半分以上)の執筆 
10.『2013年参議院選挙版質問王ランキング 国会議員三ツ星データブック』共編著2013年06月
(平成25年)
東京プレスクラブp33〜p35 「議員立法をどうみるか?」p36〜p40「国会での活動を1つの評価軸に」 
11.『実践シティズンシップ教育 未来を開く模擬選挙』共著2013年07月
(平成25年)
悠光堂p150〜p164「第6章広がる国内での動き 第2節選挙をめぐる若者の取り組み」 
12.『僕らの社会のつくり方
 10代から見る憲法』
共編著2014年03月
(平成26年)
遊行社 
13.『184.185国会版 国会議員三ツ星データブック』共編著2014年03月
(平成26年)
万年野党 
14.『186 国会版 国会議員三ツ星データブック』共著2014年09月
(平成26年)
万年野党 
15.『Policy analysis in Japan』共著2015年01月
(平成27年)
Policy Press at the University of Bristol Policy Analysis and Policymaking by Japanese Political Parites 
16.『187国会版 国会議員三ツ星データブック』共編著2015年02月
(平成27年)
万年野党 
17.『【政策提言】新しい勤勉(KINBEN)宣言
 幸せと活力ある未来をつくる働き方とは』
共編著2015年09月
(平成27年)
PHP総研 
18.『政策提言「定住外国人受け入れビジョン−明るい未来を創るために−」』共編著2015年11月
(平成27年)
定住外国人政策研究会 
19.『「定住外国人の受け入れ」に関する提言』共編著2015年11月
(平成27年)
定住外国人政策研究会 
20.『188・189国会版 国会議員三ツ星データブック』共編著2015年12月
(平成27年)
万年野党 
21.『政策提言 新しい勤勉(KINBEN)宣言[報告書]』共編著2016年12月
(平成28年)
政策シンクタンクPHP総研
 
(翻訳書)
1.『社会を変える教育
 〜英国のシティズンシップ教育とクリック・レポートから〜』
共訳2012年10月
(平成24年)
キーステージ21クリック・レポート分ののみ共訳 
(学術論文)
1.「日本になぜ(米国型)シンクタンクが育たなかったのか?
単著2011年05月
(平成23年)
「季刊 政策・経営研究」三菱UFJリサーチー&コンサルティング発行
 
2.「日本における政策分析−−其の現状と課題」共著2013年03月
(平成25年)
関西大学足立幸男研究室(文部科学省科学研究費補助金「我が国における政策分析と政策過程についての比較政策分析学研究」〔研究代表者:足立幸男〕研究成果中間報告書)「政党における政策分析と政策形成・・・日本における政策形成の現状を背景にして・・・」p142〜p170@「第三部 政党、利益団体、アドボカシーにもとづく政策分析」 
(書評・エッセイ等)
1.「政策シンクタンク」単著2005年02月
(平成17年)
朝日新聞(be word) 
2.「日本に新しい政策形成システムをつくろう」単著2005年05月
(平成17年)
論座 
3.「なぜ今、政党シンクタンクなのか」単著2005年07月
(平成17年)
NPOジャーナル 
4.「政策インフラの構築を急げ」単著2005年07月
(平成17年)
週刊エコノミスト 
5.「自民党系シンクタンクの意味と意義」単著2006年01月
(平成18年)
国政のひろば  (財)国民政治協会 
6.「民主主義を”起業”し、日本をよりよくしたい」単著2006年02月
(平成18年)
週刊エコノミスト 
7.「BoA(1)

 新しい人材や社会を考えるために」
単著2006年02月
(平成18年)
朝日新聞 一冊の本 
8.「BoA論(2)
 新しい人材や社会を考えるために」
単著2006年03月
(平成18年)
朝日新聞 一冊の本 
9.「サポート体制拡充を」単著2006年10月
(平成18年)
毎日新聞 
10.「座談会 政党系シンクタンクへの期待」共著2007年10月
(平成19年)
慶応大学G-sec 
11.「若い世代グループ交流会への思い」単著2008年03月
(平成20年)
グローバル政策イニシアティブ(GPI)
GPI Brief
 
12.「霞ヶ関に『政策立案』を任せるな」単著2008年04月
(平成20年)
フォーサイト 新潮社 
13.「真の政権交代で必要な政策のプロ」単著2008年09月
(平成20年)
FACTA 
14.「有権者こそ政治の主役」単著2009年02月
(平成21年)
朝日中学生ウイークリー 
15.「不況の経済学」共著2009年04月
(平成21年)
講談社 セオリームック本いま一番信用できる経済学者は誰ですか? 
16.「シンクタンクから考える海外と日本」単著2009年06月
(平成21年)
たばこ総合研究センター 
17.「政権交代って何?
 民主主義は『未完の行進』」
単著2009年11月
(平成21年)
Morgen(モルゲン) 
18.「菅さん、ゴルバチョフになってください!」単著2010年06月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
19.「参院選、若者の声は政治に届くのか」単著2010年06月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
20.「世論調査は本当に害悪か?」単著2010年07月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
21.「新議員会館は本当にゼイタクか?」単著2010年08月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
22.「民主党政権の混乱は必然だった」単著2010年08月
(平成22年)
朝日新聞(GLOBE面) 
23.「民主党代表選の『候補者評価表』
 メイキング・オブ・総理大臣の観点から」
単著2010年09月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
24.「菅さん、小泉純一郎とケネディーに学び、そしてゴルビーたれ!」単著2010年09月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
25.「イシューとしてのグローバル・エイジングと日本
 グローバル・イシューレポート No.3」
単著2010年09月
(平成22年)
電通パブリックリレーションズHP 
26.「あえて危機が叫ばれる中で『希望の国の日本へ』」単著2010年09月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
27.「政治主導には議員や官僚以外の政策人材が必要!」単著2010年10月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
28.「個人的体験から考える『海外に出ていく意味』」単著2010年10月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
29.「「事業仕分け」も大きく変わらなければならない!」単著2010年10月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
30.「政策人材育成に新たな発想を!」単著2010年11月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
31.「対談 政策決定とシンクタンクの役割」共著2010年11月
(平成22年)
慶応大学G−sec 
32.「若手官僚の退官の記事に思うこと」単著2010年11月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
33.「日本の政策形成の「暗黙知」を「形式知」に変える書籍リスト」単著2010年11月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
34.「K-POPから学ぶ世界戦略」単著2010年11月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
35.「Learn from Korea(韓国から学べ!)」単著2010年11月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
36.「今の日本には「政策羅針盤」が必要だ」単著2010年12月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
37.「韓国はアジアのシンクタンク大国だ」単著2010年12月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
38.「平成23年度予算に物申す!」単著2010年12月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
39.「90年代、2000年代の若者が歩んだ道筋」単著2010年12月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
40.「韓国開催のフォーラムで東アジアの新しい可能性を感じた」単著2010年12月
(平成22年)
朝日新聞WEBRONZA 
41.「菅首相の変身は本物。だが、しかし…」単著2011年01月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
42.「今の政治に必要なのは、21世紀型の政党だ」単著2011年01月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
43.「「アクティブ・ポリティクス」の勧め」単著2011年01月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
44.「平成維新の志士を生みだす−−科学者維新塾の試み」単著2011年01月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
45.「日本企業が日本人を捨てる?」単著2011年02月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
46.「政治グッズなう・・・AKB48との関係性」単著2011年02月
(平成23年)
朝日新聞WENRONZA 
47.「[??] ????????? ? ??? / ??? ????
単著2011年02月
(平成23年)
Hankyoreh(Korea)
 
48.「政権交代可能な時代に「中立性」は存在するか?」単著2011年02月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
49.「新議員会館を若手アーティスト発信の場にする」単著2011年02月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
50.「万感の思いで迎えた自民党シンクタンク解散」単著2011年02月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
51.「若手官僚が霞ヶ関を飛び出した「青山社中の離縁と展望」」共著2011年03月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA座談会の司会 
52.「衝撃のレポート・・・日米関係の将来を憂う」単著2011年03月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
53.「「ザ選挙」は民主主義のインフラの一つだ」単著2011年03月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
54.「東日本関東最震災におけりもう一つ大切なこと」単著2011年03月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
55.「「被災地」新浦安からの一視点――計画停電や統一地方選について」単著2011年03月
(平成23年)
朝日新聞WENRONZA 
56.「シリーズ 社会起業家? ソーシャル・イノベーションや社会的企業から考える日本」単著2011年03月
(平成23年)
日本NPO学会ニューズレター Vol.12 No.4 通巻47号 
57.「浦安市で経験した被災生活と希望【千葉発】

単著2011年04月
(平成23年)
J-cast 
58.「復興にはリサーチを活かせ!」単著2011年04月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
59.「『これからの日本のキーワード「再生力」』」単著2011年05月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA、朝日新聞デジタルYOU刊 
60.「現政局を考える――新しい首相選出の方法を
単著2011年05月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
 
61.「『日本を大きく転換する好機に!・・・政治インフラの観点から』」単著2011年06月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
62.「『国会での騒動とその顛末について思う――国会に人材はいるのか』」単著2011年06月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
63.「『「バトル・オブ・ブリテン」に学ぶリーダーの処世術』」単著2011年06月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
64.「『次期総理に求められる条件と必読書3冊』」単著2011年06月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
65.「『今日だけ王さま!!−−子どもの有権者教育と日本の未来』」単著2011年06月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
66.「『節電を楽しむのも悪くない』」単著2011年07月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
67.「『学校「裏」サイトからも学んだ「子どもと社会との関係」』」単著2011年07月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
68.「『ギャップイヤーから考える日本と若手世代』」単著2011年08月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
69.「『政治や行政だけに頼らない復興支援「東日本に勇気と希望を」プロジェクトという試み』」単著2011年08月
(平成23年)
現代ビジネス(講談社) 
70.「『菅政権(菅直人)の評価点と問題点から、私たちが学び、次につなげないといけない』」単著2011年08月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
71.「『”ギャップイヤー文化”について想う』」単著2011年08月
(平成23年)
日本ギャプイヤー推進機構協会 
72.「『「菅総理を哲学する学者」の記事を読んで考えたこと』」単著2011年08月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
73.「『民主党新代表への諦め、だが期待と注文』」単著2011年08月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
74.「『増税? なんかオカシクないのか?』
 民間の試みに期待しよう」
単著2011年09月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA,朝日新聞デジタルYOU刊 
75.「『原発事故調は、政治インフラ整備の第一歩だ!』」単著2011年10月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
76.「『坂本義和先生への手紙』」単著2011年10月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
77.「『ワシントンのシンクタンクの可能性』」単著2011年10月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
78.「『芦田愛菜と小泉進次郎は似ている!?』」単著2011年10月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA, 朝日新聞デジタルYOU刊 
79.「ギリシャ危機・・・潰えた国民投票の政治的意味」単著2011年11月
(平成23年)
朝日新聞Webrona 朝日新聞デジタルYOU刊 
80.「「政治主導」のスローガンを超えた制度設計を!」単著2011年11月
(平成23年)
朝日新聞WEBRONZA 
81.「災害救助隊の創設を!」単著2012年01月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA, 朝日新聞デジタルYOU刊(1月12日) 
82.「テレビの「コメンテータ」って何?」単著2012年01月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
83.「勢いだけで「首相公選制」を導入しても・・・」単著2012年02月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
84.「首相公選制の導入を急ぐな」単著2012年02月
(平成24年)
朝日新聞 
85.「最近、日本の政治でなんだか変だと思うこと」単著2012年02月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
86.「鳩山さん、菅さん、ぜひ回想録を書き残してください」単著2012年03月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
87.「「専門人材」をどう社会に活かすか」単著2012年03月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
88.「「日本沈没 第二部」から福島を考える」単著2012年03月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
89.「民主党政権とエンドロール」単著2012年04月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA、朝日新聞デジタルYOU刊(4月12日) 
90.「ポスドク問題を社会変革のテコに――ある若者の試み」単著2012年04月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
91.「東京・関西・サブ中枢機能・・・分権的社会構築が必要だ」単著2012年04月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
92.「「素人」政治家が日本を救うためには」単著2012年05月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA&朝日新聞デジタルYOU刊 
93.「政治・行政は「子離れ」を!」単著2012年05月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
94.「立法補佐機関から考える国会」単著2012年06月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
95.「野田さんは最高の総理?」単著2012年06月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
96.「国会は「国会事故調」報告書を活かせるか?」単著2012年07月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
97.「民主党の失敗から学ぶ民主主義」単著2012年07月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
98.「Will Fukushima report impact Japan's nuke policy?」単著2012年07月
(平成24年)
New Straits Times(Malaysia) 
99.「日本の社会・組織に求まられる「社会的専門性」」単著2012年07月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
100.「脱原発の意識を代替案にどうつながるか」単著2012年08月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
101.「野田政権はレイムダック!?」単著2012年08月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
102.「パブリック・マネーについて考えよう」単著2012年08月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA&朝日新聞YOU刊 
103.「パブリック人材について考えよう」単著2012年08月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
104.「中国のジャパン・ナッシングの始まりか?」単著2012年09月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
105.「有権者の『潜在ニーズ』を政策に生かすには・・・国民と政治の新しい関係(政治マーケティング)」単著2012年09月
(平成24年)
日経ビジネスオンライン 
106.「パブリック情報について考えよう」単著2012年09月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
107.「パブリック市場について考えよう」単著2012年09月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
108.「立場で異なるベビーカーの意味」単著2012年10月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
109.「政治家の発言を徹底管理して成功・・・英国労働党が導入した米国流の手法とは(政治とマーケティング)」単著2012年10月
(平成24年)
日経ビジネスオンライン 
110.「いまだからこそ政治に考えてほしいこと」単著2012年10月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
111.「今、私たちに必要な『フォロアーシップ』
単著2012年10月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA&朝日新聞デジタルYOU刊行(10月29日) 
112.「石原慎太郎が日本を変える条件とは――第三極の結集だけでいいのか」単著2012年11月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
113.「菅直人前総理の原発事故本を読んで考えたこと」単著2012年11月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
114.「オバマ大統領の再選で考えたソーシャルメディアの可能性」単著2012年11月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
115.「新人議員にも働かせる仕組みをつくろう」単著2012年11月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONA 
116.「米国における政治マーケティング・・・この分野で活躍する人材を育成する大学院も設立」単著2012年11月
(平成24年)
日経ビジネスオンライン 
117.「”間違いだらけの候補者選び”を改めよう!」単著2012年12月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA&朝日新聞デジタル(12月5日) 
118.「”間違いだらけの候補者選び”を改めよう!」単著2012年12月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA&朝日新聞デジタル(12月5日) 
119.「今だから読むべき本、『ヒーローを待っていても世界は変わらない』」単著2012年12月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA
 
120.「選挙で議員を選ぶ際に、国会での活動実績が1つの評価軸になればいい」共著2012年12月
(平成24年)
現代ビジネスインタビュー記事 
121.「選挙でネットを活用しよう!」単著2012年12月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA 
122.「政策や政治を考えるための3つの発想―「設計」「実験」「参加」」単著2012年12月
(平成24年)
朝日新聞WEBRONZA
 
123.「自民党は国民を納得させられるのか――遅ればせながらの衆議院選雑感」単著2013年01月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
124.「熾烈な選挙現場に人材供給する大学院(政治とマーケティング)」単著2013年01月
(平成25年)
日経ビジネスオンライン 
125.「日米のスピーチを聞いて改めて考えた政治家のコミュニケーション力」単著2013年01月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
126.「安倍総理は新しい政治システムの構築を!」単著2013年01月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA  
127.「政治におけるアートを追求してほしい――大島渚監督の逝去に思うこと」単著2013年01月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA  
128.「自民党は民主党の失敗からも多くを学ぶべきだ」単著2013年01月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
129.「選挙区ごとの『ローカルマニュフェスト』を・・・日本における政治マーケティングの可能性」単著2013年02月
(平成25年)
日経ビジネスオンライン 
130.「国会、議員、法律について知っていますか?」単著2013年02月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
131.「議員メルマガから学ぶ政治や政策」単著2013年03月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
132.「ブックガイド−3・11と福島原発事故を考える契機に」単著2013年03月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
133.「『一票の格差』違憲判決、裁判所は『最後の砦』になってほしい」単著2013年03月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
134.「『霞ヶ関』は本当に日本最大・最高のシンクタンク?」単著2013年03月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
135.「ネット選挙解禁を政治の変化に活かすには」単著2013年03月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
136.「国会議員の不思議なこと―立法活動をどう進めるか」単著2013年03月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
137.「政権交代における悲哀は、国会議員だけではない」単著2013年03月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
138.「『事業仕分け』ビヨンドを!」単著2013年03月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
139.「高校生、おそるべし!−政治における『静かなる革命』」単著2013年04月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
140.「「第3の矢」の核心は、労働移動支援型の政策だ」単著2013年04月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
141.「民主党政権の試みからやはり学ぶべきだ!」単著2013年05月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
142.「自民党の新しい試みに注目!!!」単著2013年05月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
143.「国際教養大学の挑戦と人材育成について考える」単著2013年05月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
144.「憲法改正論議への違和感」単著2013年06月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
145.「現行憲法と自民党草案を比べてみると・・・私たちの未来は私たちの手で
共著2013年06月
(平成25年)
月刊新聞モルゲン 
146.「東日本大震災の復興予算の流用は、支援した海外の思いにも反する」単著2013年06月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
147.「若い世代の声を聞こう!−彼らも黙ってはいない」単著2013年06月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
148.「国会議員の活躍を質的に評価できるか?」単著2013年07月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
149.「官僚主導の政策形成テクニックを可視化する」単著2013年07月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
150.「「将来推計」に独立の第三者機関の設立を」単著2013年07月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
151.「内閣提出法案をなくしてはどうか?」単著2013年08月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
152.「投票数にみる有権者の真相と現実」単著2013年09月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
153.「安倍総理の外遊をデータから分析する」単著2013年09月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
154.「あえて問いたい。一人一票が平等か」単著2013年09月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
155.「元『構想日本』西田陽光さんの『卒業式』」単著2013年10月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
156.「消費税増税、巧みだった安倍首相の『演出』」単著2013年10月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA  
157.「日本を思考実験を活かす社会に」単著2013年10月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA  
158.「民主党政権の失敗・挫折を検証するためのブックガイド」単著2013年11月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
159.「憲法を論議する前に、玉音放送の意味をあらためて考える」単著2013年11月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
160.「クラウド・ファンディングで議員立法を支援できないか」単著2013年11月
(平成25年)
朝日新聞WEBRONZA 
161.「今こそ民主主義を問う・・・特定秘密保護法について考える(?)」単著2013年12月
(平成25年)
Morgen(モルゲン)遊行社 
162.「2人の元首相による原発ゼロ発言について思うこと」単著2013年12月
(平成25年)
Yahoo!ニュース 
163.「デモクラシー(民主主義)とは?(?)・・・政治・政策リテラシー講座1」単著2013年12月
(平成25年)
Yahoo!ニュース 
164.「デモクラシー(民主主義)とは?(2)・・・政治・政策リテラシー講座2」単著2013年12月
(平成25年)
Yahoo! ニュース 
165.「仮説:世界は1つのネーションから2つのリージョンに向かっている」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
166.「情報公開・・・政治・政策リテラシー講座3」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
167.「政権交代(1)・・・政治・政策リテラシー講座4」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
168.「政権交代(2)・・・政治・政策リテラシー講座5」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
169.「憲法・・・政治・政策リテラシー講座6」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
170.「私たちと政治や政策・・・政治・政策リテラシー講座7」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
171.「私たちと社会と政府・・・政治・政策リテラシー講座8」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
172.「政治人材を消費、浪費したこの十年」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
173.「民から日本社会をつくり直す」単著2014年01月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
174.「今こそ民主主義を問う・・・特定秘密保護法について考える(?)」単著2014年01月
(平成26年)
Morgen(モルゲン)遊行社 
175.「『政治人材の空白』をどう乗り切るか・・・細川元総理の都知事選出馬の可能性で考えたこと」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
176.「社会と3つのセクター・・・政治・政策リテラシー講座9」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
177.「官・民と公・私・・・政治・政策リテラシー講座10」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
178.「マス・メディアとその役割・・・政治・政策リテラシー講座11」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
179.「マス・メディアの限界とメディア・リテラシー・・・政治・政策リテラシー講座12」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
180.「都知事が『最大最強の野党になる?』」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
181.「議院内閣制とは?・・・政治・政策リテラシー講座13」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
182.「法律をつくる方法・・・政治・政策リテラシー講座14」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
183.「政治とお金・・・政治・政策リテラシー講座15」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
184.「政治を知るプログラム・・・政治・政策リテラシー講座16」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
185.「なぜ官僚主導になるのか・・・政治・政策リテラシー講座17」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
186.「国会は『国権の最高機関』ではない?!」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
187.「政治や政策の情報を得るためには・・・政治・政策リテラシー講座19」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
188.「国会での議員の主な活動とは?・・・政治・政策リテラシー講座20」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
189.「政策市場ってなんだ?・・・政治・政策リテラシー講座21」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
190.「日本の政策形成(1)・・・政治・政策リテラシー講座22」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
191.「日本の政策形成(2)・・・政治・政策リテラシー講座23」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
192.「政治この約30年を考える(メモ書き)・・・政治改革・細川政権・小沢一郎・小泉政権・政権交代」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
193.「内閣総理大臣・・・政治・政策リテラシー講座24」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
194.「有権者(1)・・・政治・政策リテラシー講座25」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo! ニュース 
195.「有権者(2)・・・政治・政策リテラシー講座26」単著2014年01月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
196.「都知事選前日に思うこと」単著2014年02月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
197.「都知事選結果を受けて・・・細川・小泉両元総理の今後の言動に注目」単著2014年02月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
198.「日本をエンカレジングな社会に・・・ユース・ベンチャーの試みから」単著2014年02月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
199.「憲法論議深化のために若い世代の声を活かそう!」単著2014年03月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA  
200.「第二次安倍政権をレビューする・・・高速道路睡眠現象」単著2014年03月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA  
201.「日本国憲法の特色・・・政治・政策リテラシー講座27」単著2014年03月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
202.「若者の声が活かせる環境をつくることが必要だ!」単著2014年03月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
203.「政治版クラウドファンディングで求まられる政治家のプロデュース力」単著2014年03月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
204.「日本でも国会占領が始まった!?
単著2014年04月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
205.「次々に生まれる新しい『コトづくり』コミュニティと『場』」単著2014年04月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
206.「憲法を論議するために「討論型世論調査」を活用しよう」単著2014年05月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
207.「安倍首相が進める憲法改正は「影響を受ける若い世代こそ議論すべきだ」」単著2014年05月
(平成26年)
現代ビジネス 
208.「今こそ、伊藤博文!  彼は政治家や社会的リーダーのロールモデルだ」単著2014年05月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
209.「握手会への提案ーー手間や負担はやむを得ない」単著2014年06月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
210.「集団的自衛権の立場を明確に迫る本」単著2014年06月
(平成26年)
月刊新聞モルゲン 
211.「今、若い世代が立ち上がる!−−ACT18の挑戦」単著2014年07月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
212.「若い世代の『権利と義務』はセットで考えるべきことか?」単著2014年07月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
213.「安倍政権は、平成の『超然内閣』ではないか?」単著2014年07月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
214.「今こそ政策競争と政策市場を創り出していくべきだ!」単著2014年08月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
215.「今こそ政策競争と政策市場を創り出していくべきだ!(続)・・・独立系シンクタンク産業を創ろう!」単著2014年08月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
216.「憲法を知ろう!−−−聴く、読む、考える」単著2014年08月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
217.「選挙権年齢の引き下げを!」単著2014年09月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
218.「「リ☆パブリカン Who's Who」キックオフ座談会(下)−−リーダーの資質とは?」共著2014年10月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
219.「福島県知事選、現場の声と気持ちを知るために」単著2014年10月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
220.「「リ☆パブリカンWho's Who」キックオフ座談会(上)−−これからのリーダー像」共著2014年10月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
221.「昭和天皇実録を閲覧して」単著2014年10月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
222.「子供が身を守るための学習の機会が必要だ」単著2014年11月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
223.「貴重な情報源が出た。政治や政策運営に活かそう」単著2014年11月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
224.「日本は本当に国際化していないのか?」単著2014年11月
(平成26年)
Yahoo!ニュース 
225.「『リ☆パブリカン Who's Who (2) 2025年のリーダー像を探る』青木大和(上)ー若者を巻き込んで、組織として、社会を変えていきたい」共著2014年11月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
226.「小学4年生なりすまし大学生の何が問題か(上)」単著2014年12月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
227.「小学4年生なりすまし大学生の何が問題か(下)」単著2014年12月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
228.「『リ☆パブリカン Who's Who(3)2025年のリーダー像を探る』青木大和(下)ー個で闘うことは重要だが、組織で闘うことが実は必要」共著2014年12月
(平成26年)
朝日新聞WEBRONZA 
229.「民主党と岡田克也新代表は国民と向き合え…対自民党や野党対応より大事なことは?」単著2015年01月
(平成27年)
朝日新聞WEBRONZA 
230.「所沢・住民投票は『民主主義』の貴重な経験・・・活動のプロセスこそが重要だ」単著2015年02月
(平成27年)
朝日新聞WEBRONZA 
231.「銀座に農業の拠点!?…新たに誕生した『サードプレイス』」単著2015年03月
(平成27年)
朝日新聞WEBRONZA 
232.「『ふるさと納税』に地方分権の可能性をみる・・・問われる自治体のプロデュース能力」単著2015年03月
(平成27年)
朝日新聞WEBRONZA 
233.「千代田区の改革プランから地方議会を考える・・・統一地方選の活性化のために」単著2015年04月
(平成27年)
朝日新聞WEBRONZA 
234.「『山谷』の街を初めて歩いてみた・・・『福祉の街』への変貌」単著2015年04月
(平成27年)
朝日新聞WEBRONZA 
235.「辺野古移転問題で考える真の『民意』 
 住民投票で是非を問う意味」
単著2015年05月
(平成27年)
朝日新聞WEBRONZA 
236.「安倍総理、数字にご注意を!
 誤解されかねないデータの使い方」
単著2015年05月
(平成27年)
朝日新聞WEBRONZA 
237.「統一地方選一石を投じた千代田区議選の試み」単著2015年06月
(平成27年)
朝日新聞WEBRONZA 
238.「『東大ママ門』のイベントに参加して考えた」単著2015年06月
(平成27年)
朝日新聞WEBRONZA 
239.「中央省庁でも『働き方改革』が始まった!」単著2015年06月
(平成27年)
朝日新聞WEBRONZA 
240.「『18歳選挙権』は、大人にも大きな影響がある
 親の世代も、高齢者も、政治を考えるチャンスに」
単著2015年07月
(平成27年)
朝日新聞WEBRONZA 
241.「再開される経団連米国事務所の山越厚志所長に聞く
 『情報収集』『情報発信』『ネットワークの形成』を」
単著2015年07月
(平成27年)
朝日新聞WEBRONZA 
242.「期待しては裏切られ
 この5年間の政治を振り返る」
単著2015年07月
(平成27年)
朝日新聞WEBRONZA 
243.「安倍総理・自民党は、『民意』の意味がわかっていない。」単著2015年07月
(平成27年)
Yahoo!ニュース 
244.「自民党憲法改正草案を読んだことがあるか?
 不信感の根源はここにある?!」
単著2015年07月
(平成27年)
Yahoo!ニュース 
245.「日本で今後、徴兵制はあるのか?」単著2015年08月
(平成27年)
Yahoo!ニュース 
246.「ぼくいち、復活!」単著2015年08月
(平成27年)
Yahoo!ニュース 
247.「必見!あるインターネットの時事番組の挑戦」単著2015年08月
(平成27年)
Yahoo!ニュース 
248.「第1次安倍政権のデジャブが甦ってきた?!」単著2015年08月
(平成27年)
Yahoo!ニュース 
249.「レオ様(?!)が凄い。そして面白い!」単著2015年08月
(平成27年)
Yahoo!ニュース 
250.「こらからの日本には、多種多様なキャリア・生き方と人材が必要だ!」単著2015年09月
(平成27年)
Yahoo!ニュース 
251.「「エイジョ」から学ぶ、日本企業の可能性」単著2015年09月
(平成27年)
Yahoo!ニュース 
252.「私たちの日本の政策形成について学んでおくべきことがある・・・集団的自衛権法制から見えてきたこと」単著2015年10月
(平成27年)
Yahoo! ニュース 
253.「政策提言「新しい勤勉(KINBEN)宣言−幸せと活力ある未来をつくる働き方とは−?」共著2015年10月
(平成27年)
PHP総研 
254.「人間とロボットは戦わねばならないのか?・・・ロボットの発展は人間の存在そのものを問うている!」単著2015年10月
(平成27年)
Yahoo!ニュース 
255.「新しい勤勉(KINBEN)宣言・・・幸せと活力のある未来をつくる働き方とは」共著2015年11月
(平成27年)
Voice2015年12月号 
256.「これからの働き方においては、2つの「マネジメント」が必要になる!」単著2015年11月
(平成27年)
Yahoo!ニュース 
257.「「新しい働き方」において重要な自律力(セルフ・マネジメント)とは!?
単著2015年11月
(平成27年)
Yahoo! ニュース 
258.「「新しい働き方」における時間の考え方」単著2015年12月
(平成27年)
Yahoo!ニュース 
259.「定住外国人の問題を考えることを避けることはできない!」単著2015年12月
(平成27年)
Yahoo!ニュース 
260.「メディアの中立性とは?」単著2016年01月
(平成28年)
Yahoo!ニュース 
261.「なぜ今18歳選挙権なのか(1)
 来るべき参議院選挙とは何か」
単著2016年01月
(平成28年)
MORGEN(モルゲン) 
262.「労働・雇用リテラシーやキャリア・ライフ・リテラシーが教えられるべきだ」単著2016年12月
(平成28年)
Yahoo!ニュース 
(講演・公開講座等)
1.「若手政策ダイアローグ」共同2010年06月
(平成22年)
ブランニュージャパン(BNJ)
城西国際大学東京紀尾井町キャンパス
全体サポート 
2.「「日韓ヤング・チャレンジ」」共同2010年11月
(平成22年)
城西国際大学東京紀尾井町キャンパス地下ホール第一セッションのコーディネーター 
3.「「GPIフォーラム2010」
 「対内・対外政策の戦略的融合」
共同2010年11月
(平成22年)
城西国際大学東京紀尾井町キャンパス301号教室パネル1でのコーディネートと司会 
4.「「アジア未来フォーラム2010(Asia Future Forum 2010)」
 「東アジア企業の進展(Evolution of East Asian Enterprise)」」
共同2010年12月
(平成22年)
リッツ・カールトン・ソウル
(主催:進歩的な立場のハンギョレ・メディアグループ、運営:ハンギョレ経済研究所[HERI])
分科会におけるスピーカーの一人 
5.「日本社会の再設計における政策優先性の鍵とは(政策羅針盤「震災後の日本社会の再設計を考える」シリーズ第1弾ワークショップ)


共同2011年04月
(平成23年)
グローバル政策イニシアティブ(GPI)ワークショップのうち、<フレーム2:再設計のための社会システムを考える>において、
「市民社会と日本社会新興の視点から」を担当
 
6.「庁内オープンミーティング「松戸市のこれからを考える」vol.001
 〜シンクタンクの現状と自治体シンクタンクの課題〜」
単独2011年05月
(平成23年)
松戸市役所議会棟3F特別委員会室 
(助成金)
1.「Policy Analysis in Japan
 The State of the Art」
研究分担者2010年04月
(平成22年)
科学研究費補助金基盤研究(B) 
(その他)
1.「地域型シンクタンクの可能性」その他2006年07月
(平成18年)
大阪シンクネット事務局 
2.「プロジェクト『橋川家』報告書」共著2008年05月
(平成20年)
シンクタンク2005・日本全体の編集 
3.「都知事選のネット選挙に関するコメント」単著2012年11月
(平成24年)
フジテレビ 
4.「ネット選挙にコメント」単著2012年11月
(平成24年)
テレビ朝日 
5.「キングコングのあるコトないコト」共著2013年05月
(平成25年)
名古屋テレビ 
6.「キングコングのあるコトないコト」共著2013年05月
(平成25年)
名古屋テレビ 
7.「憲法について」単著2013年11月
(平成25年)
千葉テレビNEWSチバの一部 
8.「安倍首相ASEAN訪問」単著2013年11月
(平成25年)
フジテレビジョンめざましTVの一部 
9.「政策形成・決定へのNGO・NPOの関与――市民・NGOの参加で市民社会を強くする」共著2014年10月
(平成26年)
市民がつくる政策調査会(市民政調)「? 政策平成へのNGO参加指針(考え方)・海外事例を参考にして」(p38からp53) 
10.「まず沖縄との対話必要」単著2015年03月
(平成27年)
朝日新聞(西部本社版・デジタル版) 
研究助成金、GP等の採択実績
研究テーマ区 分年 月助成機関・助成金等の名称概 要
(1)Policy Analysis in Japan
 The State of the Art
研究分担者2010年04月
(平成22年)
科学研究費補助金
基盤研究(B)
日本における政策分析の状況を調査分析し、海外に向けて発信する。
もどる