資格と進路

理学療法士とは?

医療技術を用いて、身体障がい者の基本動作能力を改善

理学療法士は主に身体に障がいのある人に対して治療体操や運動を用いたり、電気や温熱、マッサージなどの物理的刺激を加えて、これらの方々に生活のための基本的動作能力の改善を図ろうとする職業です。

資格取得支援

国家資格対策プログラムで着実に実力養成

1年次から理学療法士の国家試験対策を意識したアドバイザー制によるグループ学習を進めます。さらに、各年次末には,その学年で学習した科目について、国家試験レベルの模擬試験を実施し、学生自身が自分の実力や学習の強化すべきところを把握できるようにします。4年次では、学生の理解度に合わせた集中講義や国家試験の模擬試験を行います。

卒業後の進路

病院・福祉・スポーツ分野など幅広い医療現場で活躍

病院医療関係、スポーツ分野、保健福祉分野、障害予防分野、医学研究など、学生一人ひとりの希望に沿った幅広い進路先を予定しています。