研修・インターンシップ

HOME > 研修・インターンシップ > 海外研修プログラム > 2014年度 ハワイ研修 > ハワイ研修(3)

Hawaii Study Abroad Program

海外研修 - JASSO助成 2014年度 ハワイ研修(3)- 

《ホームステイを体験しました》

 参加学生たちは滞在中ホームステイをしています。
 ホームステイのメリットは、英語力を伸ばし、コミュニケーション力を高め、その土地の文化や習慣を学べることです。この研修に参加している11名のうち4名が来年度より長期留学の予定ですから、彼ら彼女らにとってはよい予行演習となっています。
 また、今回は、もうひとつの狙いがあります。ハワイのツーリズムにとって、地元の人々の理解と協力は欠かせません。オアフ島では、特にノースショア(北部の海岸地帯)においてツーリズムへの反感が強まっています。多くの地元の方々は大量の観光客が流入することで商業施設が増え、田舎の良さが失われてしまうのを懸念しています。「田舎は田舎のままに」というスローガンを掲げ、それを阻止しようと訴える団体もあります。ハワイにおいて、観光と地元の人々との調和はとても大きな課題です。ですから、ローカルの家庭に住み、直接彼らとツーリズムについて対話することが、今回のホームステイの大きな目的なのです。
 初日にホームステイのファミリーとお会いしたときは全員がとても不安そうでしたが、すぐに打ち解け、今では毎日楽しく過ごしています。毎朝大学で、目を輝かせながら、ファミリーの紹介や、どのようなことを話したか、夕飯になにを食べたのかについて詳しく報告をしてくれます。今日の課題は、それぞれの家庭でツーリズムについて話すことです。明日の朝どのような報告が聞けるのか楽しみです。


<学生の声>
 ホームステイがこのプログラムに含まれているのが、この研修に参加しようとおもった理由のひとつです。私は来年度カナダへの長期留学を希望しているので、今回はとても良い経験になっています。私は日本語を学んでいるリーワードの学生のファミリーのところでお世話になっています。彼女はとても日本語が上手で、私が英語で家族に説明できない時はいつも助けてくれます。
 ホームステイ先では、ハワイのおもてなし精神であるAlohaスピリットをとても強く感じます。私が家に到着したときは、レイをかけてくれて、とても暖かく迎え入れてくれました。「お客様」ではなく本当の家族として接してくれるので、とても安心できます。
言葉が通じないことは度々ありますが、とにかく伝えようという思いがあれば、案外なんとかなるものです。これはマレーシア1年生世界遺産研修でも強く感じたことでした。日本人が思っているほど、私たちは英語が出来ないわけではないようです。伝えようとする強い思いが、正確に話すことよりも重要だったのだと思います。
(1年 桒原)


ハワイ研修
ホームステイのファミリーと初めて会ったときは不安そうでした


ハワイ研修
ホームステイでの様子(桒原さんのファミリー)


ハワイ研修
ある日の夕飯


ハワイ研修
ホームステイでの様子(新里さんのファミリー)


海外研修-2014年度 ハワイ研修 (6)ハワイ研修の最後のレポートです
海外研修-2014年度 ハワイ研修 (5)フラのクラスを受けました
海外研修-2014年度 ハワイ研修 (4)ホテルで研修をしました
海外研修-2014年度 ハワイ研修 (3)ホームステイを体験しました
海外研修-2014年度 ハワイ研修 (2)ハワイが始まりました
海外研修-2014年度 ハワイ研修 (1)事前学習スタート
indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME