研修・インターンシップ

HOME > 研修・インターンシップ > 海外研修プログラム > 台湾研修2014 > 台湾研修(6)

Taiwan Study Abroad Program

海外研修 -台湾研修 2014(6)- 

 9月9日~9月20日の予定で2014年度台湾研修がスタートしました。

 12日間の台湾研修も早いもので終わりに近づきました。昨日は、午前中にホテル実習をさせていただき、午後には台湾の茶芸を体験させていただきました。ホテル実習は、謝金龍先生から研修ホテルの業務や客室についてお話をしていただき、ベッドメーキングなどにも挑戦させてもらいました。朝食のサービス、フロント、ハウスキーピングなどの業務は、すべて学生によって運営されており、徹底された実務教育を体験することができました。

 昼食時には、観光学部の2年生で、当大学で約1年間留学をする萩原くるみさんが参加してくれました。まだ、到着したばかりでしたが、これからの留学生生活に胸を躍らせている様子でした。来年の留学を考える後輩たちにとってもよい刺激になったのではないかと思います。

 午後からは、台湾式の茶芸を見せていただきました。慣れない手つきではありましたが、参加者全員自分たちのお茶を入れ、その香りと味を楽しみました。

 最終日は、高雄市からバスで約1時間の美濃地域へ訪れました。美濃地域は、台湾原住民の一つである客家(ハッカ)の民俗村のある場所です。学生たちは、客家族の伝統・文化に触れるとともに現地学生たちとの最後の交流を惜しみなく楽しんでいる様子でした。

 この12日間の研修を通して、学生たちは、5つ星ホテルのそれぞれの魅力、アジアにおける実務教育の質の高さ、そして学生交流を体感し、グローバルな視野を拡げることができたと思います。ぜひ、これらの貴重な体験を、今後の学部教育に活かすとともに、将来、グローバルな舞台で活躍するための揺るぎない力を培ってもらいたいと思います。


台湾研修
謝先生からハウスキーピングに関する注意点


台湾研修
ホテル実習〜ベッドメーキング


台湾研修
ホテル実習〜ベッドメーキング


台湾研修
一年間留学〜観光学部2年の萩原くるみさん〜


台湾研修
全員写真(萩原さん左から4番目)


台湾研修
茶芸実習の様子


台湾研修
郊外視察〜客家民俗村の様子〜


台湾研修
郊外視察〜伝統料理を堪能〜


台湾研修
郊外視察〜鐘理和文学紀念館訪問〜


台湾研修
郊外視察〜中正湖散策〜


台湾研修
郊外視察〜中正湖前で〜


台湾研修 学生ライブレポート~その6~
観光学部1年 桑原 沙苗

 高雄餐旅大学での研修2日目は、私たちが泊まったホテル研修棟のスイートルームの見学と、ベットメーキングについて教わりました。スイートルーム見学の際に、このホテルのアメニティなどの説明をしていただきました。どちらの物かすぐ見分けられるよう、スリッパやペットボトルが色分けされていたりと、同じ部屋に複数人が泊まった場合のための配慮もなされていてその細やかさには大変驚かされました。そういった気付きが、お客様の心を掴むのだろうな、と思いました。長いと思っていた12日間の研修は、本当にあっという間でした。しかしその12日間で、私たちはホテルに関する知識を得、働くこと、おもてなしの心、人の力と言うものを知りました。色々なものが合わさり繋がって、1つのものがつくられていく。私たちもこの研修で見た色々なものを、合わせ繋げて、新たなものを造り上げていきたいと思います。

台湾研修
観光学部1年 桑原 沙苗


海外研修-台湾研修2014 (6)
海外研修-台湾研修2014 (5)
海外研修-台湾研修2014 (4)
海外研修-台湾研修2014 (3)
海外研修-台湾研修2014 (2)
海外研修-台湾研修2014 (1)
indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME