研修・インターンシップ

HOME > 研修・インターンシップ > 海外研修プログラム > 2015年度 ハワイ研修 > ハワイ研修(4)

Hawaii Study Abroad Program

海外研修 - JASSO助成 2015年度 ハワイ研修(4)- 

 《ワイキキを代表する2つのホテルで研修を受けました》

 ピンクパレスと呼ばれ、ワイキキのランドマーク的な存在のロイヤル・ハワイアン・ホテルと、その気品あるおもてなしで世界のセレブに愛されるハレクラニ・ホテル。ワイキキを代表する格式あるこの2つのホテルで、研修を受ける大変貴重な機会をいただきました。
 ロイヤル・ハワイアンでは、関係者以外は立ち入ることのできないバックヤードを見学させていただき、ホテリエがもつべき資質やその心得、また、採用についての貴重なお話を聞かせていただきました。
 ハレクラニでは、格式高いフレンチレストランで、シルバー類やグラスの扱い方、テーブルセッティングのなどについてご指導いただきました。「天国にふさわしい館」というコンセプトを保持するため、とてもこまかい心配りをされていることに感銘を受けました。
 学生たちは、2つのホテルにすっかり魅了されてしまったようです。それは従業員の方々のハート、つまり、人柄によるのではないでしょうか。それこそがまさしく、ゲストの方々が何度も宿泊しに「帰ってくる」所以なのでしょう。学生のひとりが、「今度はゲストとして、もしかしたら一緒に働く仲間として、また帰ってきたい」と感想を述べていました。学生たちは「ホスピタリティとはなにか?」という問いに対する答えに近づけたのではないでしょうか。
 この場を借りて、研修を受け入れてくださったロイヤル・ハワイアン・ホテルとハレクラニ・ホテルの関係者の皆様に心より感謝申し上げます。


 今回の研修で、ホテルの歴史や文化、特徴などを、スタッフの方から直接教えていただきました。両方のホテルで共通して重要視していたのは、スタッフの服装、笑顔、清潔感などの第一印象でした。また、スタッフ同士のコミュニケーションにも重きを置いていました。スタッフ同士が仲良く仕事をし、楽しむことが、ゲストへの満足感につながり、ホテル全体のサービス向上になるということです。私は将来のために日本のホテルでアルバイトをしていますが、ホスピタリティの捉え方に共通点が多くあると思いました。今回研修で、観光とホスピタリティについて深く考える機会を得ましたが、もっとハワイの観光について詳しく学びたいので、長期留学で帰って来たいと思っています。
(1年 牛山)


※本研修は独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)に採択された研修プログラムです。参加学生には、助成金として一部補助金が給付されます。

ハワイ研修
ロイヤル・ハワイアン・ホテルの外観


ハワイ研修
貴重なお話をたくさん伺いました


ハワイ研修
スイートルームでの研修


ハワイ研修
テーブルセッティングの研修


ハワイ研修
グラスの使い分けについての研修


ハワイ研修
最も人気のあるテーブルで


海外研修-2015年度 ハワイ研修(6)Mahalo!
海外研修-2015年度 ハワイ研修(5)ディズニー・アウラニ・リゾートで研修を受けました
海外研修-2015年度 ハワイ研修(4)ワイキキを代表する2つのホテルで研修を受けました
海外研修-2015年度 ハワイ研修(3)パールハーバーを訪問しました
海外研修-2015年度 ハワイ研修(2)ハワイ研修が始まりました
海外研修-2015年度 ハワイ研修(1)事前学習スタート
indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME