研修・インターンシップ

HOME > 研修・インターンシップ > 海外研修プログラム > 台湾研修2015 > 台湾研修(4)

2015 Taiwan Study Abroad Program

海外研修 - 台湾研修 2015(4)- 

 台湾研修も5日目を迎え、参加者も少しずつ台湾の空気に慣れてきたように感じます。

 5日目に訪れたのは、世界最大のホテルグループの一つであるStarwood傘下にあるW Hotelです。外資系グローバルホテルであり、デザイン、ファッション、ミュージックを柱にしたアーティスティックな雰囲気は、これまで見学した2つのホテルとはまた違ったものでした。スタッフのコミュニケーションはほとんど英語で行われるため、参加者は、改めて英語力の大切さを実感したようです。施設見学終了後は、ホテルの雰囲気を味わいながらランチをいただきました。その後、一路台北城市科技大学へと向かい、本日から3日間お世話になるホストファミリーと合流しました。最初はお互い緊張気味でしたが、すぐに打ち解け、それぞれがホストファミリー宅へと移動しました。

 翌日は、それぞれがホストファミリーとともに台北周辺の観光名所を周りながら交流を楽しみました。ホストファミリーの中には日本語ができない家庭もあるため、適宜、英語でコミュニケーションを図る必要もあります。緊張と不安が入り交じった様子の参加者も多いですが、しばし貴重なホームステイ体験を行います。


台湾研修
W Taipei前にて


台湾研修
W Taipei施設見学


台湾研修
W Taipei Lunchの様子


台湾研修
ホストファミリーと自己紹介


台湾研修
ホストファミリーと全員写真


台湾研修
ホストファミリーとの交流①


台湾研修
ホストファミリーとの交流②


台湾研修
ホストファミリーとの交流③


台湾研修
ホストファミリーとの交流④


台湾研修 学生ライブレポート~その4~
観光学部1年 大谷 諭史 さん

 5日目は、台北にある外資系ホテルのW Taipeiの視察をしました。これまで視察をしたホテルとは異なり、雰囲気も格式も独特のものがありました。W Taipeiでは唯一の日本人スタッフに施設案内をしていただきましたが、彼女の「日本人は海外でも日本人らしさを求める」という言葉はとても印象的でした。そして、翌日からいよいよホームステイの体験です。淡水船、台北101、龍山寺、美麗華百楽園など台北の観光名所を幅広く回り、楽しいひとときを過ごさせていただきました。私にとって、ホームステイ体験は初めてで、緊張と期待、コミュニケーションの取り方に対する不安など、さまざまな感情が入り交じってスタートをしましたが、貴重な体験をさせていただいていると思っています。特に、私にとっては、優しさ、気遣い、心配り、目配りなど、ホームステイ体験を通して痛感することが多いです。中国語や台湾の観光産業などは座学でも学べますが、人との交流による優しさなどは、実際に体験しなければ学ぶことができません。この貴重な体験を、帰国してからも様々な機会に活かしていきたいと思います。


台湾研修
観光学部1年 大谷 諭史 さん


※本研修は独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)に採択された研修プログラムです。参加学生には、助成金として一部補助金が給付されます。


海外研修-台湾研修2015 (6)
海外研修-台湾研修2015 (5)
海外研修-台湾研修2015 (4)
海外研修-台湾研修2015 (3)
海外研修-台湾研修2015 (2)
海外研修-台湾研修2015 (1)
indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME