研修・インターンシップ

HOME > 研修・インターンシップ > 研修受入プログラム > 2016広州短期研修 > 鴨川の文化を体験しました

研修受入プログラム

中国広州からの短期研修生受け入れ(2)‐鴨川の文化を体験しました‐


中国広州市旅游商務職業学校の生徒さんが本学部で9日間の研修をおこないます。


  研修2日目と3日目は「鴨川の文化」を体験しました。
 2日目は、現在、地域活性化に取り組む清澄・四方木地区の文化を学びました。清澄地区では、地域おこし協力隊の方に清澄寺をご案内していただきました。四方木地区では、地域の方にご協力いただき、こんにゃく作り体験と不動滝の見学を行いました。地元の方からこんにゃくの作り方を教わった生徒さんたちは、上手に作り上げました。自分で作ったこんにゃくは格別に美味しかったようです。
 3日目は、竹細工作り体験と太海ウォーキングを行いました。房州の竹文化に触れた生徒さんたちは、楽しみながら竹かごを作ることができました。太海ウォーキングでは、道の駅プロジェクトで作成した「太海探検マップ」を活用して自由に散策しました。元気一杯の生徒さんたちは、鴨川の文化を満喫し、自然の豊かさに感動していました。


【サポート学生の声】
3年生 大萩 裕佳 さん
今回の研修は、私たちサポート学生が研修の企画段階から携わりました。そのため、高校生たちの来日を待ち焦がれていました。私が企画を担当したのは3日目の太海ウォーキングです。太海の町を散策しながら地域のことを知ってもらいたいと思い企画をしました。実施した当日は風も強く、肌寒い1日でしたが、地図のポイントを探しながらの町歩きはまるで宝探しゲームのようで、高校生たちが楽しんでいる様子を見ることができ、準備してきてとても嬉しく感じました。私は台湾に10ヶ月留学していました。今回、習得してきた中国語を使い、高校生たちとコミュニケーションできたことは、大きな自信にもなりました。残りの期間も高校生たちと交流し、日本の良さを伝えていきたいです。



鴨川郷土資料館を訪問


天津神明宮にて記念撮影


清澄寺にて住職より祖師堂の説明をしていただきました


旭が森から見る絶景


清澄寺境内の千年杉の前で記念撮影


四方木ではこんにゃく作りを体験しました


こんにゃくを上手に型に入れる事ができました


四方木は紅葉シーズンでした


四方木不動滝の前で


こんにゃく作りのお礼を高校生代表が述べました


竹かご作りに挑戦!


皆、真剣に取り組んでいます


竹ひごの取り回しと結び方がポイントです


房州の竹文化について学びました


仁右衛門島に渡りました


仁右衛門島にて


鴨川の文化体験は良い思い出に残るでしょう


研修受入-広州短期研修(5)大多喜町から成田空港へ-
研修受入-広州短期研修(4)箱根温泉郷を視察しました-
研修受入-広州短期研修(3)鴨川市長を表敬訪問しました-
研修受入-広州短期研修(2)鴨川の文化体験-
研修受入-広州短期研修(1)研修スタート-
indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME