研修・インターンシップ

HOME > 研修・インターンシップ > 研修受入プログラム > 2017マレーシア短期研修受入

トピックス

2017年度マレーシア短期研修受入プログラム

2017年9月27日~10月6日
マレーシア トゥンク・アブドゥル・ラーマン大学(UTAR)の学生が観光学部で学びました

 マレーシア トゥンク・アブドゥル・ラーマン大学(UTAR)の学生19名は、9月27日~10月6日の間に観光学部主催の短期研修「UTAR-Japan Tourism Experience Programme」を受講します。
マレーシア トゥンク・アブドゥル・ラーマン大学(UTAR)と観光学部は、毎年、観光学部から1年生全員マレーシア世界遺産研修、マレーシア7週間研修など活発な学術交流を展開しております。今回の短期研修では、観光学部の学生が添乗を行うなど、UTAR大学の学生だけでなく、本学部の学生が留学生を相手に実用的なスキルを身に着けることも目的としています。研修では、鴨川市にある観光地の訪問から鎌倉、東京見学と盛り沢山の内容になっています。
 研修の内容は随時更新予定です。


マレーシア短期受入研修
初日の歓迎会の様子


←indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME