研修・インターンシップ

HOME > 研修・インターンシップ > 国内研修プログラム > 観光地で学ぶシリーズ-房総半島の観光地-

観光地で学ぶシリーズ

「鴨川周辺にある道の駅」


 「観光概論」授業の一環として、道の駅「鴨川オーシャンパーク」と道の駅「和田浦 WA・0!」での学外授業を行いました。学部が立地する鴨川市を中心とする地域の観光資源を題材とした授業展開を目指し、キャンパス内で専門知識を勉強したうえで、現地に出て、観光産業の見学と観光資源調査のフィールドワークを通じて、より具体的に学習することで、観光専門知識への理解をさらに深められ、学習効果を高めることが期待できます。


履修学生の感想

外當 陸さん
道の駅「和田浦 W・AO!」の責任者の話しの中、観光業に携わるサービス業は簡単そうに見えるが、「十人十色」で、お客様の好みを瞬時に判断することが難しいです。これから、様々なことを勉強し、「十人十色」の観光客に満足していただけるような観光人材になれることを目標にします。


蔡 綺玲 さん
「道の駅」の看板を見つけるとほっとしたドライバーさんが多くいると思います。「道の駅」はただの「お土産屋さん」ではなく、地域との連携を強化しながら、自分の特色を出して、地元の方、利用者、経営者などみんなに親しまれるような「道の駅」にできたらいいと思います。


龔 萍 さん
今回の学外実習を通じて、「道の駅」は地域に関わる物産をはじめ、情報、資源、課題、地域づくりなど様々なことを勉強できる絶好な場だと思います。これから、若い人たちの視点を入れ、イベント企画運営、HP作成、SNSなどの情報発信など、若い人たちのパワーを発揮したいです。


劉 晨陽 さん
道の駅「鴨川オーシャンパーク」に鴨川に関する様々な情報だけではなく、東京湾フェリー時刻表や、マザー牧場、イチゴ狩りなど、いろんな情報を提示してくれましたが、「道の駅」間の連携をさらに強化すべきです。


川名 玲奈 さん
「道の駅」持つ「休憩機能」、「情報発信機能」、「地域連携機能」の3つの機能について勉強した時、真っ先に思ったことは「これがウェルネスツーリズムを具現化したものではないか」と思いました。ウェルネスツーリズム概念にある「地域との共生」、「環境との調和」は今回訪れた2つの「道の駅」を視察し、より理解できるようになりました。これからも「観光概論」やその他の教科で様々なことを体験し、学びを進めていきたいと思います。


髙橋 巧 さん
今まではただ途中にある建物として見ていなかった「道の駅」でしたが、今回、授業中での学習や実際に訪れてみて、「休憩機能」、「地域との連携機能」など重要な役割を果たしている観光施設であることが分かりました。これからの4年間、千葉県内の「道の駅」を全駅制覇したいと思います。


房総半島の観光地
道の駅 「鴨川オーシャンパーク」見学の様子


房総半島の観光地
観光地図を真剣にみている様子


房総半島の観光地
「道の駅 WA・O!」レストラン経営者の話を真剣に聞いている様子


indexへ戻る


ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME