研修・インターンシップ

HOME > 研修・インターンシップ >  東京特別講座 > 2013年度

東京特別講座

東京(紀尾井町)キャンパスで開講される観光ビジネス特別講座

観光分野において、国の施策を身近にし、首都東京における大都市観光のあり方及び地域のリゾート型観光の双方を日常的に学べる学部は本学部のみです。


 観光ビジネス東京特別講座の趣旨は、世界の観光都市でもある東京の中心に位置する本学紀尾井町キャンパスで、観光最前線で、何が起こっているか、また、観光関連企業のTopはどのように現在の市場を見られ、どのような戦略を持って活動されているのかについて、学生諸君が直接に、企業Topの方々から講義を受ける観光学部生対象の独特の講座です。
 この講座の効果として、講座で刺激を受け、講師で来てくださった先生方の企業に就職を果たした学生、また、触発されその後の学部勉学で頑張り学生自身の希望就職先で内定を勝ち取った学生が多数でてきていることがあげられます。


2013年度  観光学部  観光ビジネス特別講座


 いよいよ2013年度の『観光ビジネス特別講座』が、2/17(月)と2/24(月)-2/25(火)の一泊二日の日程でスタートしました。この講座では、「宿泊業」・「旅行業」・「交通業」・「国」などの幅広い分野において、各界を牽引してこられた方々から直接お話を伺い、観光産業の重要性について理解を深めます。さらに、一泊二日で行う大都市圏での研修では、上記分野について体感的に学習できるように計画しています。

 初日である2/17(月)は、観光庁といすみ鉄道から特別講演をしていただきました。午前は、観光庁審議官の篠原康弘氏に「国の観光に対するビジョン」について、午後は、いすみ鉄道社長の鳥塚亮氏からローカル線存続への道のりや無から有を生む様々なアイディアについてご講演いただきました。両講演とも質疑応答の時間には、学生からの様々な質問が飛び出し、活発な議論となりました。

 次回は、一泊二日の東京へのフィールドトリップです。ロイヤルパークホテル、パークハイアット東京、JTB法人東京、羽田空港を拠点に、観光ビジネスの様々な業種・業務について実地にて学びます。

東京特別講座
篠原康弘氏(観光庁審議官)による講演

東京特別講座
質疑応答の様子(観光庁講演)


東京特別講座
鳥塚亮氏(いすみ鉄道社長)による講演

東京特別講座
無から有を生む様々なアイディアについて説明


2013年度観光ビジネス特別講座02
2013年度観光ビジネス特別講座01
index

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME