研修・インターンシップ

HOME > 研修・インターンシップ >  東京特別講座 > 2016年度 第2日目

東京特別講座

東京で開講される観光ビジネス特別講座

観光分野において、国の施策を身近にし、首都東京における大都市観光のあり方及び地域のリゾート型観光の双方を日常的に学べる学部は本学部のみです。


2016年度  観光学部  観光ビジネス特別講座  第2日目


2016年度も「観光ビジネス特別講座」がスタートしました。この講座は、観光ビジネスの現場を視察し、観光産業の裾野の広さを実地に学ぶことを目的としています。今回は、特に宿泊業、旅行業、運輸業に目を向け、2泊3日の研修を実施します。訪問エリアは、リゾート地として有名な箱根と首都東京です。


【2日目】
2日目は、リゾート箱根から一路大都市東京へ場所を移し、大都市圏における観光ビジネスを探りました。最初に訪問したのは、箱根のパッケージツアーを主力とする小田急トラベルです。主として小田急電鉄の駅構内や電鉄沿いに店舗を持ち、小田急電鉄の子会社としてトラベル部門を統括している旅行会社です。まずは、新宿駅構内にある店舗を見学し、その後、会議室にて旅行業全体のお話を伺いました。リピーターの率が高く、それをキープするためにいかにパッケージ内容に付加価値をつけるかなどの工夫を日々されていることが分かりました。

その後、向かったのは船上レストランやウエディング業務を行なっているシーライン東京株式会社です。はとバスグループのクルージング部門を引き受けている企業です。施設見学とお話を伺ったのは、当社の社長である門村輝夫さんです。門村さんは投資の高い業態であるため、いかに修復費を少なくし、定期的に来てもらえるようにさまざまなイベントを考える工夫が大事であることを挙げられました。約2,000トンもあるシンフォニーモデルナはまさに圧巻の大きさでした。

最後は、今日の宿泊先でもあるロイヤルパークホテル東京です。チェックインをするとすぐに施設見学に向かいました。築約30年を迎える格式高い当ホテルは、客室数419と都内を代表する日系シティホテルです。施設見学の後には、幅広いホテル業務のお話をしていただくとともに活発な質疑応答もあり、2日目の研修を大いに盛り上げました。

最終日は、5つ星外資系高級ホテルのパークハイアット東京とエアポートホテルとして存在感を発揮する羽田エクセルホテル東急を訪問する予定です。


東京特別講座
小田急トラベル視察の様子①


東京特別講座
小田急トラベル視察の様子②


東京特別講座
小田急トラベル視察の様子③(店舗前で)


東京特別講座
小田急トラベル視察の様子④(店舗前で)


東京特別講座
小田急トラベル視察の様子⑤(全体説明)


東京特別講座
小田急トラベル視察の様子⑥(門村社長)


東京特別講座
いざ船内へ(シンフォニーモデルナ:重量約2トン)


東京特別講座
船上での説明の様子


東京特別講座
門村社長からのお話(アフタヌーンティーとともに)


東京特別講座
参加学生からの質問の様子


東京特別講座
シーライン東京前にて


東京特別講座
ロイヤルパークホテル東京での施設見学の様子①


東京特別講座
ロイヤルパークホテル東京での施設見学の様子②


東京特別講座
ロイヤルパークホテル東京での施設見学の様子③


東京特別講座
全体説明の様子


東京特別講座
質疑応答の様子


index

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME