語学教育

HOME > 語学教育 > 2014年度一年生全員世界遺産海外研修 > 世界遺産海外研修06

留学

2014年度 一年生全員マレーシア世界遺産海外研修

内藤杏奈さん

観光学部1年 内藤杏奈さん

 Hi, I am Anna Naito.
One of the highlights of the study tour in Malaysia was the visit to Penang. In Penang we stayed at the Royal Bintang Hotel and received a fascinating ‘back office’ tour and talk about hotel operations and marketing in a heritage area. The two talks we received from the two managers were particularly memorable. They told us that as young students we are like a blank tapestry and that we should colour our ‘tapestry’ in our own way by having as many experiences as possible. The managers’ words were very encouraging and showed us how important it is to have a clear goal or purpose to strive for and also to have belief in your own ability. They also emphasized the importance of knowing English if we want to work in the Hotel Industry. This is a theme I felt throughout the study tour in Malaysia. In future I hope I can be like the Malaysian students we met during our stay and never give up studying English.


 こんにちは!観光学部1年の内藤杏奈です。
 研修の終盤でマレーシアの観光のハイライトであるペナン島を訪れ、ペナンビンタンホテルでインターンシップを経験しました。実践的にさまざまなことを学びましたが、なかでも印象に残っているのは、ホテルの経営者の方々の言葉です。「若いあなたたちはまだ真っ白な一片の布です。これからその布は何色にも染まるし、なんの柄にもなるし、素敵なドレスにだってなれる。だから目標をもって、それに向かってがんばってください」との激励をいただきました。自分の中の可能性を信じて精一杯がんばろうと改めて思いました。また、「ホテルで働くには、まず英語を学びなさい」と言われました。ホテルのみならず、将来観光に携わるには、もはや英語は不可欠であると今回の研修を通じて強く実感しました。
 マレーシアの大学生に負けないよう、これから英語を磨いていこうと誓いました。


新入生全員世界遺産海外研修
観光業界に従事する上で大変貴重なお話しでた


新入生全員世界遺産海外研修
真剣な表情で話を聞く参加学生たち


新入生全員世界遺産海外研修
ペナンロイアルビンタンホテルのロビー

indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME