語学教育

HOME > 語学教育 > 留学制度 > 2013年度マレーシア短期留学 > 短期留学プログラム02

留学

Malaysia Study Abroad Program 2014

-短期留学 in マレーシア 2014- 


 みなさん、こんにちは。私は城西国際大学観光学部1年の萩原くるみです。私たちは今、マレーシアでの短期留学に参加しています。今回はその報告の第一弾として、研修概要を紹介します。

 私たちは目下、UTARでの英語の集中講義を受講しています。この集中講義は、UTARの学生と同じ授業を受けています。文法やメモの書き方など基本的な部分から、ビジネスで使う英語の表現まであらゆることを勉強しています。マレーシアの学生と肩を並べ勉強するのは、非常に良い刺激になります。

 お昼の時間には、UTARでできた友達と一緒にご飯を食べ、会話をしながら楽しく過ごしています。このようなプライベートな時間は、英語力を磨き、現地学生の考え方や価値観を学ぶのにとてもよい機会となっています。

 午後にはConsultation & Discussionという授業があり、午前中の授業の中で分からなかった部分を質問する時間となっています。ちょうど今は、「日本の観光地をツアーとして提供する」ということをテーマにプレゼンテーションを行う準備をしているところです。

 今後の予定で楽しみにしていることは、3月18日から3月20日まで農村でのホームステイを体験することと、3月22日から3月29日まで行われるホテルでのインターンシップです。どちらも貴重な体験となると思うので、気を引き締めて取り組みます。

 日本の気候とは真逆で、毎日30℃以上のうだるような暑さが続いていますが、暑さに負けず、留学をより良いものにするために、メンバーがお互いに切磋琢磨して過ごしていきます。

 1年生 萩原くるみ


ページの上に戻る