語学教育

HOME > 語学教育 > 留学制度 > 2013年度マレーシア短期留学 > 短期留学プログラム03

留学

Malaysia Study Abroad Program 2014

-短期留学 in マレーシア 2014- 


みなさんこんにちは。城西国際大学観光学2年生の斎藤愼也です。
 今回は、現在私たちが学んでいる留学先のマレーシアUTAR大学の授業内容について紹介します。UTAR大学には私たち日本人だけでなく数多くの国からきています。その人たちと一緒に授業を受けています。授業はもちろんすべて英語で行われています。
 授業内容は、英語の基礎である文法を始め、自分で文書を作る応用問題まで様々です。プロジェクトでは私たちが観光学部ということで、英語を使って日本の観光地を巡る旅行プランを立てています。東京班・北海道班の二つのグループに分かれ作業し、近々プレゼンテーションを行う予定です。日本の魅力をマレーシアの方々に知ってもらうために、たくさんの情報集めました。日本行きのチケットから宿泊先・食事先や交通機関の値段や時間そして観光地の魅力など細かく調べています。発表が迫っていますが、上手くプレゼンテーションができるように頑張ります。


マレーシア短期留学

マレーシア短期留学


こんにちは。城西国際大学観光学部1年の神子島結希です。
私は今回UTAR大学と宿泊施設について紹介します。

1. UTAR大学について
 UTAR大学は、4つのキャンパスに経済学部、教育学部、医療健康科学部など10学部があり、約2万人の学生が学んでいます。留学生は25ヶ国から集い、教授陣も国際色豊かで、キャンパスは様々な宗教や文化に溢れています。私達は4つのキャンパスのAからPブロックに分かれている広いキャンパスのうち、主にAとBブロックで英語を集中的に学んでいます。様々な民族や宗教の学生がいるため、さまざま服装を堪能できます。カフェテリアには民族や宗教に合わせた様々な種類の食べ物が揃えられています。私はこのUTAR大学で英語だけでなく様々な民族の宗教や文化なども学び、異文化でのコミュニティケーション力を高めたいと考えています。


マレーシア短期留学
私たちの寮

マレーシア短期留学
大学のカフェテリアにて


2. 宿泊施設について
 私達はBEIJINGというエリアの大学寮で生活をしています。
寮の目の前には大きなWEST LAKEという湖があり、朝からその周囲を現地の人や学生がランニングなどをして体を動かしています。周りの寮の学生は国際色豊かで、授業で仲良くなった学生と交流を深めています。寮の景観は様々あり、どれも大学の自然を壊さないような景観となっています。
寮は3階立てでそれぞれのフロアに共用フロア・共用キッチン・冷蔵庫が備え付けられており、個人の部屋にはユニットバス、エアコン、ベッド、机などが完備されています。私はこの恵まれた環境で多くの学生と交流し、自分の英語の能力向上はもちろん、異文化理解を深めてグローバルな人材に少しでも近づきたいと思います。


マレーシア短期留学
寮からの眺め

マレーシア短期留学
寮にて新しいマレーシアの友人と


indexに戻る

ページの上に戻る