語学教育

HOME > 語学教育 > 留学制度 > 2013年度マレーシア短期留学 > 短期留学プログラム04

留学

Malaysia Study Abroad Program 2014

-短期留学 in マレーシア 2014- 


 こんにちは。観光学部2年の田谷明山です。今回は食文化について紹介します。
 まず、マレーシアはイスラム国家の国です。イスラム教では食生活においても宗教上の取り決めがあります。それを「ハラール」として、口にすることを禁じられた食物があります。例えば、イスラム教では豚肉や牛肉を食べることは禁じられていますが、その他の食品も加工や調理方法に関して一定の作法が求められます。また豚や牛以外でも食肉として正しい手順に従って処理していなければ食べられません。鶏肉や魚類に関しては特に規定はなく、マレーシアを含めたイスラム国家の国には魚類や鶏肉を使った料理がたくさんあります。
 イスラム教には「ラマダーン」と呼ばれる断食月があります。日の出から日没までの約一カ月間、イスラム教徒の義務の断食(サウム)として、飲食を絶つ習慣があります。この一か月間を完全に断食するのではなく、日没から日の出までの間に一日分の食事を摂ります。地域によって異なりますが、午前5時から午後7時半までの時間帯がそれにあたります。また観光客や特定の事情のある場合、断食は免除されます。
 しかし、このような宗教的戒律はムスリムに限り守られています、多文化国家のマレーシアではマレー料理の他に中華やインド料理などが数多くあります。スパイシーなものが多く、地域によって調味料や調理法が異なり、同じ料理でも違った味が味わえます。ナイトマーケットに行けば、地元の食をはじめ、たくさんの食を体験することができます。
また、私たちが生活している近くのオールドタウンには、「チキンカリーブレッド」というカンパーの伝統的な食べ物があります。パンの中にチキンカレーが入っており、パンをそのカレーにつけて食べます。
 イスラム教徒の人が多いため、手で食事をする人もいます。私も直接手で食事をする体験をしました。左手はトイレなどで使うので、右手だけに限られます。4本の指ですくい、親指で口に押し込むというのが一般的な食べ方です。難しかったですが、とても貴重な体験ができました。
 マレーシアにいる間は様々な食文化に挑戦したいと思います。

マレーシア短期留学

マレーシア短期留学


マレーシア短期留学

マレーシア短期留学


マレーシア短期留学


indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME