語学教育

HOME > 語学教育  > 2017年度 フランス・ブルゴーニュ国際観光文化研修 > 国際観光文化研修03

留学

2017年度 フランス・ブルゴーニュ国際観光文化研修

フランスの食文化体験〜ジュラ山脈のチーズ工房〜

 ディジョンはグルメ観光地です。19日にフランスの食文化についての講義が行われ、様々な新鮮な食べ物を見ながら、その生産者との会話を楽しめる市場へ行きました。当日に高級レストランにてブルゴーニュ地方の名物料理を食べました。
 次の日に、ジュラン山脈へ移動し、古き良き趣の民宿に泊まりました。穏やかな自然に囲まれ、日本でも人気の「コンテ」チーズの製造所と熟成室を視察しました。そして、同じフランシュ=コンテ地方にあるアル=ケ=スナンの王立製塩所(UNESCOの世界遺産)を訪れました。
 22日は産業遺産の利用をテーマとし、ル・クルーゾに移動しました。19世紀のフランスの産業革命に重要な役割を果たしたこの地域では、昔の工業施設や工場の建物がそのまま残っており、現在ブルゴーニュ大学の別館として再利用されています。フランスとヨーロッパの産業の歴史を学び、さらにブルゴーニュ大学のロボット技術の研究所を視察しました。19世紀の産業遺産をいわゆる「生きている」施設に再利用し、先端技術の研究の場にするというコンセプトです。


【学生の声】石田 栞 さん(JU現代政策学部・2年生)
1泊2日のレルースのペンションに泊まり、湖に行ったり近くの町まで歩いたりしました。自然が綺麗でスイスとの国境まで行けたのは良い思い出です。残りあとわずかですがしっかりと最後まで学んでいきたいです。


フランス・ブルゴーニュ国際観光文化研修
ブルゴーニュ地方の名物料理:牛肉の赤ワイン煮様子


フランス・ブルゴーニュ国際観光文化研修
コンテのチーズの熟成室


フランス・ブルゴーニュ国際観光文化研修
アル=ケ=スナンの王立製塩所(世界遺産)の見学


フランス・ブルゴーニュ国際観光文化研修
フランスとスイスの国境


フランス・ブルゴーニュ国際観光文化研修
観光客の川船が運河の水門を通る


フランス・ブルゴーニュ国際観光文化研修
ル・クルーゾのブルゴーニュ大学の別館にてロボット技術の研究所の見学


ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME