プロジェクト

HOME > プロジェクト > 道の駅プロジェクト > 成田空港周辺地域の現地調査に参加した学生の声

道の駅プロジェクト

「成田地域道の駅プロジェクト」現地調査に参加した学生の声を紹介します

 成田地域道の駅プロジェクトは、「成田空港地域共生・共栄会議」における事業プロジェクトで、「道の駅を拠点とした観光振興事業」として実施しています。11月7日〜8日にかけて、観光学部学生が現地視察を行いました。学生たちは、数回の事前授業を行い、本現地調査への準備を行いました。


パク・サンジュさん

【観光学部3年 朴 相俊さん(パク・サンジュ:韓国人留学生)】
 今回、成田空港周辺の「道の駅」を拠点とした観光振興プロジェクトの一環として地域調査を行いました。その地域の「道の駅」を訪ねて、実際にどのようなところか、客層はどのような層であるかなど、道の駅を活性化させるために何が必要かを考えました。
 私のような外国からの留学生も参加しておりますので、留学生としての意見もプロジェクトには反映されます。このような機会はなかなかありません。ただの大学生ではなく、プロジェクトの関係者の1人として活動できることを嬉しく思っておりますし、これからの活動も楽しみにしております。


吉田拓夢さん

【観光学部2年 吉田 拓夢さん】
 今回、成田空港周辺地域の3つの「道の駅」を視察させていただきました。そこで改めて感じたことは、3つの「道の駅」を拠点とした観光振興の可能性です。周辺地域には歴史や文化を感じることができる芝山仁王尊や守屋酒造、地産地消を目指したさんさん味工房など、地域の魅力をより伝えていくことができれば、もっと観光客で賑やかにすることは可能だと感じました。そのためには、これから来年にかけてこのプロジェクトを成功させていかなければいけないという使命感を改めて感じさせてもらった2日間でした。


ロ・シメイさん

【観光学部2年 盧 思茗さん(ロ・シメイ:中国人留学生)】
 今回の調査に参加して、とても貴重な経験になりました。特別に、空港の制限エリア内の見学ができました。普段では決してできない体験であり、空港の機能や運営についても詳しく知ることができました。そして成田空港建設の歴史についてのお話を聞き、空港と周辺地域の間には深い歴史があること、そして今でも未解決な部分があることが分かりました。
 「道の駅」といくつかの地域資源を見学し、地域活性化のためにたくさんの人々が努力していることが分かりました、もっと多くお客様に来て欲しいという気持ちを感じました。人々の努力で町が発展し続けていることを知りました。今回の調査を通じて、地域の発展に努力している人の姿を見て感動しました。今回のプロジェクトを自分なりに一生懸命やっていきたいと考えています。


二・イセイさん

【観光学部2年 倪 伟正(二・イセイ:中国人留学生)】
 今回の現地調査では、念入りに観察し、メモを取り、企画提案を行うことが私たちに与えられた任務でした。研修会の質疑応答では、道の駅関係者に提案を行いました。このような機会により、自分の観察力やコミュニケーション力を鍛えることもできました。また「道の駅」関係者から、その運営や町づくりの話しも聞くことができ、本当に勉強になりました。参加してよかったです。


磯野花子さん

【観光学部1年 磯野 花子さん】
 今回の現地調査で、芝山町、多古町、山武市の「道の駅」を調査しました。各道の駅には、それぞれ特徴があり、現地に行ってみないと分からないことが多くありました。また、地元の人との意見交換会では、それぞれの町の特徴についての説明や、質疑応答の時間が設けられ、地元の人の熱意が伝わるものでした。その熱意に応えられるように、これからも頑張っていきたいと思います。


大谷諭史さん

【観光学部1年 大谷 諭史さん】
 今回、現地視察を2日間かけて行いました。どの「道の駅」も地域の特色を活かし、地域住民の方々がその特色を外に発信していくことがよく分かりました。また、成田空港建設当初に抗争があったという歴史を学びました。今回の現地調査は、とても中身が濃く、観光を学ぶ上で知っておかなくてはならない様々なことを学ぶことが出来て、とても充実し成果のあった現地視察となりました。


藤田裕大さん

【観光学部1年 藤田 裕大さん】
 今回のプロジェクトに参加し、2日に渡って数カ所の「道の駅」を見学することが出来て有意義でした。いずれの「道の駅」も産地直送の新鮮な食材が並び、魅力がありましたが、その商品内容には似通っている部分も多いと感じました。より地域の特徴をクローズアップし、それぞれに明確なテーマを設定することができれば、さらに「道の駅」としての重要度が増すのではないかと感じました。車椅子ユーザーとしては、車椅子用トイレが設置されていない場所もあり、その点は残念でした。高齢者の利用がますます増えることを予想して、車椅子が通りやすい通路なども整備していただければと思います。


indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME