プロジェクト

HOME > プロジェクト > 道の駅プロジェクト > 「道の駅」連携プロジェクトの成果発表

ホスピタリティサービスプロジェクト

「道の駅」連携プロジェクトの成果発表

 2月6日、鴨川オーシャンパークにて「道の駅」連携プロジェクトの成果発表を行いました。この成果発表は、道の駅「鴨川オーシャンパーク」、千葉国道事務所と城西国際大学観光学部が展開している「鴨川の新たな魅力の発掘、発信に向けた連携企画型の実習」事業の一環として、道の駅内で地域の食材を豊富に揃えたお弁当販売と地域の観光情報を集約した展示会として開催しました。本事業は、本学部の観光プロジェクトの講義として昨年から継続実施をしています。
 観光学部の学生達は、前日からお弁当の準備を開始しており、地域の食材を使ったお弁当「房総太海のたまてばこ」とデザート「ふさおとめのムース」は大変好評で瞬く間に完売となりました。そして、観光学部の学生達は、地域の観光情報の提供や地域食材の説明を通じて鴨川市の紹介を観光客に行うだけでなく、観光客との交流が生まれていました。
 今後、これらの商品のレシピは鴨川オーシャンパークに引き継がれ、定期的に現地で販売をおこなって参ります。また、地域情報の提供として、「太海探検マップ」の配布、太海地区のまち歩き情報の展示は引き続き行っています。
 観光学部では道の駅「鴨川オーシャンパーク」を拠点に地域活性をもたらす施策を継続的に実施してきます。


【学生の声】
2年生 ブォー・ゴックさん
 先生と友達と一緒に太海のマップをつくりました。マップができるまでは色々な苦労がありました。作成中の段階は次に何をすればいいか何回も迷ったこともありました。どんな内容を載せるか、どういう風にデザインするべきかと本当に悩みましたが、無事にマップが完成して嬉しかったです。そして、展示発表の日、お客様にマップを配る時には色々な事が勉強になりました。作ったマップはお客様にとって普通のマップで、実際には見ることはすくない事なのだと気がつきました。一言加えて、「どこから来ましたか?太海の事をどう知りましたか」などと聞きながら、お客様に興味を持ってもらいた方が良かったのではと感じました。一から作りマップを作り上げるには大変でしたが、自分が成長して行く事を感じることができました。これからも色々なプロジェクトに参加していきたいです。

2年生 新井妃奈さん
 マップ作りの過程では、太海地区の散策、撮影、意見交換、そして何度も「道の駅」に足を運び、様々な意見を集約し、最終日までくることができました。一人一人が自分の役目を果たせたと思います。出来上がった「マップ」や展示を振り返り、プロジェクトの成果物を残すことができたことは非常に嬉しいことでしたが、それ以上に、ここまでの過程がとても重要で大切なことだと強く感じています。

2年生 中川翔太さん
マップや展示物の制作中は、公共の場で配布し、展示するということもあり、緊張感をもって制作することができました。また、成果発表では、写真パネルやスライドショー、マップも目を引くような仕上がりになり、「道の駅」利用者に楽しんでもらえるような物になったと感じました。1年間、地域とプロジェクトメンバーと協力し活動した結果が素晴らしい形で完成できてよかったと思います。

2年生 鈴木雄也さん
マップ作成が企画内容として決定されてからも様々な調査をしてきました。その調査を経てマップが形になってくるのを目にし、非常に嬉しく思いました。また、展示発表では、今回の取り組みのまとめを作成しました。展示当日には、写真パネルやまとめパネルが形になっているのを目にすると、達成感に満ち溢れ、非常に嬉しかったです。


道の駅プロジェクト
お弁当等の販売の様子

道の駅プロジェクト
お弁当等の販売の様子

道の駅プロジェクト
お弁当等の販売の様子

道の駅プロジェクト
お弁当等の販売の様子

道の駅プロジェクト
お弁当等の販売の様子

道の駅プロジェクト
ふさおとめのムース

道の駅プロジェクト
アンケート調査の様子

道の駅プロジェクト
太海地区の展示の様子

道の駅プロジェクト
太海地区の展示の様子


indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME