プロジェクト

HOME > プロジェクト > 道の駅プロジェクト > 「道の駅」シンポジウムに参加

道の駅プロジェクト

【プロジェクト】千葉県「道の駅」シンポジウムにて事例発表を行いました

 10月26日に『千葉県「道の駅」シンポジウム』において、観光学部の学生3名が道の駅「鴨川オーシャンパーク」との連携プロジェクトの事例発表を行いました。
 道の駅「鴨川オーシャンパーク」では、①鴨川市及び周辺地域における観光魅力(観光対象)の情報発信、②道の駅「鴨川オーシャンパーク」独自の商品・料理等の開発、③道の駅「鴨川オーシャンパーク」訪問客及び地域ニーズの把握の3つの調査研究事業を展開しており、各プロジェクト参加者はそれぞれのプロジェクトについて報告を行いました。
 また、パネルディスカッション『小さな拠点を形成する“道の駅”』の質疑応答では、パネリストに対して積極的に質問をするなど、今後のプロジェクト展開に活かす知見を得る大変良い機会となりました。


【プロジェクトa 石出 光さん(2年生)】:当日会場に到着してはじめて、私たち学生以外は「道の駅」に長年関わってきたプロのような方ばかりだとわかり、素人である私たちの発表に興味を持ってもらえるかどうか不安でした。しかし、シンポジウムの最中や発表が終わった後などに、多くの反応をいただくことができてとても嬉しかったです。シンポジウムの内容はもちろんのこと、こういった場で発表をさせていただくこと自体が勉強になりました。ここで得た学びや刺激をこれからの活動に活かしていきたいと思います。


【プロジェクトb 牧野 さや香さん(2年生)】:今回の千葉県「道の駅」シンポジウムを通して、私たちの発表を多くの人に聞いてもらえて嬉しいのと同時に、こんなにも多くの人が「道の駅」のより一層の活性化に期待していることが分かりました。今後、ますます頑張らなくてはと思いました。観光プロジェクトは絶対に成功させたいと改めて思いました。


【プロジェクトc ドアン・ティアン・ジェウ・フクさん(2年生)】:発表するときはとても緊張しましたが、練習の成果が出せたと思います。シンポジウムでは、「道の駅」の機能や新たな可能性について学ぶことができました。現在おこなっているプロジェクトを継続して、自分なりの「道の駅」の可能性を模索していきたいと思います。


道の駅プロジェクト
千葉県「道の駅」シンポジウム


道の駅プロジェクト
プロジェクトa発表:石出さん


道の駅プロジェクト
プロジェクトb発表:牧野さん


道の駅プロジェクト
プロジェクトC発表:フクさん


道の駅プロジェクト
事例発表後の対談の様子


道の駅プロジェクト
出店ブースではお弁当のサンプルを販売しました


道の駅プロジェクト
「道の駅」出店ブースの様子


道の駅プロジェクト
パネルディスカッションの様子


道の駅プロジェクト
シンポジウム発表者(牧野さん、石出さん、フクさん)


indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME