トピックス一覧

HOME > トピックス一覧 > 軟式野球部 > 内定情報のお知らせ

トピックス

軟式野球部

 2015年度内定情報をお知らせします

相川智良さん

【安房農業協同組合(JA安房) 内定 相川 智良さん】
 私は城西国際大学観光学部のある鴨川市に生まれ、将来は「まちづくり」に尽力していきたいと思い観光学部へ入学しました。軟式野球部では選手とマネージャーを務め、また学習面では学びたかった「まちづくり」について学びました。
 軟式野球部では、選手としてプレイしていましたが、3年生時よりマネージャーを務めることになりました。野球は全体競技であり、マネージャーの役割を引き受けることでチームに貢献出来るのであればと私は快く引き受け、その甲斐あって東関東大学軟式野球連盟秋季リーグ戦では優勝、そして東日本選手権大会への出場を果たしました。
 「まちづくり」では鴨川市の過疎地に入り込み、住民の方々と活動するうちに、地域に対して「貢献」することの使命感を覚え、生まれ育った郷里と共に歩んでいくことこそが私の生きる道そのものだと感じました。
 この度、安房農業協同組合より内定を頂きました。農業協同組合は保険や農業をはじめ、様々な面で地域と密接に関わりを持っています。私は大学生活で学んだことを活かしていけるよう努力し、お世話になった軟式野球部の河上監督や教職員の方々へ恩返しをしていきたいと思います。


藤岡稔さん

【山九株式会社 内定 藤岡 稔さん】
 私は、山九株式会社から内定をいただきました。
 山九株式会社は物流と機工を融合させ社会の様々な場所で活躍できる企業で、物流の最前線で働けることに魅力を感じ志望しました。
 大学生活では軟式野球部に所属していました。2年次には水田杯少年野球大会の学生代表を務め、大会を成功させる難しさや裏方の重要性など、縁の下の力持ちになって働く大切さを学びました。2年次後期には軟式野球部で副主将を任され、東関東大学軟式野球連盟秋季リーグ戦で創部以来初の優勝、そして東日本選手権大会へ出場することができました。このような結果が出たのも河上監督をはじめ、教職員の皆様、先輩方のご指導の賜物です。また、地域貢献・社会貢献を目標に地域から愛されるチームを目指し、夏には前原海岸の清掃・秋には千葉ロッテマリーンズの秋季キャンプなどボランティア活動にも積極的に参加し人のため、社会のために活動していくことの重要性を学びました。
 このように社会の縁の下の力持ちになって働くことの大切さが山九株式会社への内定に繋がったと思います。
 大学生活で共に学んだ友人と教職員の皆様、温かく支えていただいた地域の方々への感謝を忘れず、新しいことに積極的に挑戦していきたいです。


←戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME