トピックス一覧

HOME > トピックス一覧 > 軟式野球部 > 内定情報のお知らせ

トピックス

軟式野球部

 2016年度内定情報をお知らせします

北川 雄大さん

【日本通運株式会社 内定 北川 雄大さん(松山商業高校出身)】
 日本通運株式会社、陸上部門に内定をいただきました。大学では観光学部軟式野球部に所属し、河上監督をはじめ、様々な方々からの支えや応援があり、野球と勉強に打ち込むことができました。
 また、学校行事、地域の清掃などのボランティア活動や水田杯少年・中学生野球大会の運営などに携わり、多くの方と触れ合う中でコミュニケーション能力や責任感がより一層持てるようになりました。卒業後、日本通運でも大学時代に培った責任感と情熱で貢献し、後輩が自分の後に続けるよう一歩一歩頑張っていきたいと思います。


斎藤愼也さん

【株式会社愛媛銀行 内定 斎藤 愼也さん(大洲高校出身)】
 私は、大学入学時から将来は愛媛県で就職し、地元に貢献したいと強く思っていました。どこへ就職すれば愛媛県の地域貢献に携われるのか考えた時、真っ先に思い浮かんだのが銀行でした。大学では「観光まちづくり」について学び、地域活性化には中小企業の発展が欠かせないことを知りました。このたび、内定をいただけたのは、河上監督をはじめ、教職員の皆様、軟式野球部を応援してくださる皆様のご指導の賜物です。
 軟式野球部では、連盟委員等の役職を担当させていただくとともに、3年次には、選手としても「ベストナイン」を受賞することができ、充実した部活動を過ごすことが出来ました。これらの経験を社会人になっても活かし感謝の気持ちを忘れずに日々精進していきたいと思っています。

王韻ティンさん

【ANAエアポートサービス株式会社 内定 王韻ティンさん(台湾出身)】
 私は、幼少の頃から飛行機が好きで、姉とともに空港に飛行機をよく見に行っていました。大学3年生の時に、城西国際大学に台湾の大学から編入し、すぐにマネージャーとして軟式野球部に所属をしました。他の留学生と違って、野球部の練習、合宿、そして試合などの活動を通して、チームワークの大切さを学びました。日常的に日本語を使うことで日本語能力試験(N1)にも合格することができました。
 日本で、留学生が航空会社に就職することはとても難しく、狭き門だといわれていましたが、ANAに就職したいという気持ちが強く、野球部で学んだ貴重な経験と自信を持って面接に臨みました。ANAから無事内定をいただけたのは、野球部をはじめ多くの方々からの支えがあったからだと思っています。ぜひ、来年は、羽田空港でさまざまなお客様に出会うことを楽しみにしています。


←戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME