トピックス一覧

HOME > トピックス一覧 > 留学生ニュース > 鴨川市春節交流会に参加

トピックス

鴨川市春節交流会に参加しました

 春節が間近な1月19日、中国出身の留学生たちは国際交流協会主催の水餃子づくりに参加しました。多くの鴨川市民と素晴らしい交流ができました。みんなで皮から餃子を作って、中国本場の手作り餃子を味わいました。交流会の一番盛り上がった場面は、中国&春節のクイズと民族文化の紹介でした。
 さらに「第6回交際交流フェスタin AWA」の受賞者である倪偉正さんの『日本の印鑑文化』、盧思茗さんの『心を癒す鴨川市の大自然』、羅徽賛さんの『絆』というスピーチを披露しました。日本や鴨川のことを熱心に学ぼうとしている留学生との交流の輪が広がることで、地元と良いつながりができ、学びあえることは大切である、と市民の皆様からの励ましの声がありました。

インタビュー
(1)倪偉正(ニイセイ) さん
 中国にいる時さえ餃子を作ったことないのに、なんと今回は皮から作るとはびっくりしました。しかし、先生や同級生がとても親切に教えてくれた。餃子はすごく美味しかったです。交流会では、中国のクイズと南北地域の春節の紹介がありました。最後は、市から地震・災害に関する知識を教えていただき、本当に勉強になりました。

(2)宍倉智子さん
 餃子を皮からきちんと作るのは初めてでしたので、最初はうまくできませんでした。やっているうちにコツがわかってきてとても楽しかった。 出来上がった餃子はプリプリで美味しかったです。春節や中国の習慣のクイズもとても勉強になり、福がいっぱいの一日でした。


鴨川市春節交流会
2015年鴨川市春節交流会


鴨川市春節交流会
はじめての手作り餃子


鴨川市春節交流会
倪偉正さんのスピーチ『日本の印鑑文化』


鴨川市春節交流会
盧思茗さんのスピーチ『心を癒す鴨川市の大自然』


鴨川市春節交流会
羅徽賛さんのスピーチ『絆』


←ニュース一覧に戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME