トピックス一覧

HOME > トピックス一覧 > 学生の声 > 留学体験記 > 石塚・ハンガリー 06

トピックス

イースター祭について

 こんにちは、観光学部2年の石塚真優子です。
 今回はイースター祭についてお話したいと思います。ハンガリーはカトリック教徒が多く、クリスマスやイースターを盛大にお祝いします。そのため、イースターの約1週間は大学も休みになります。そこで私はHollókő(ホッロークー)という世界遺産の街で開催されたイースター祭に行ってきました。Hollóはカラス、kőは石という意味で、ホッロークー村は、伝統的な生活様式を守りぬいている村として、126軒の家や教会、農地や自然などをふくめて、村全体が世界遺産として登録されたそうです。ホッロークー村に住む人々はパローツ人であり、独自のパローツ語を話しているそうです。
 イースターの際、ハンガリーでは「Locsolás (ロチョラーシュ)」という 水をかける習慣があります。本来は「植物に水をやる」という意味があるのですが、この日はお花に水をやるのではなく、女性をお花に見立て、「いつまでも枯れないように」「いつまでも美しく咲き誇って」という願いを込め、男性が女性に水をかけるのです。ホッロークーでは、伝統衣装を着た男女が水をかけたり、イースターエッグを渡していたりと、昔ながらの伝統を守っていて、私はとても楽しむことが出来ました。


留学体験記
イースター祭の様子


留学体験記
Hollókő(ホッロークー)の町


留学体験記vol.8:卒業式
留学体験記vol.7:ハンガリーでお花見
留学体験記vol.6:イースター祭について
留学体験記vol.5:ブショーヤーラーシュ
留学体験記vol.4:授業について
留学体験記vol.3:ハンガリーでの年末年始の過ごし方
留学体験記vol.2:秋休みについて
留学体験記vol.1:ハンガリーでの生活が始まりました
indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME