トピックス一覧

HOME > トピックス一覧 > 学生の声 > 2015留学体験記 > 櫻井・カナダ 05

トピックス

イースターになりました

 こんにちは、観光学部2年の櫻井未織です。
 3月13日からサマータイムが始まり、今までより1時間早くなりました。最近は日が伸びてきて午後7時になってもまだ明るいです。この留学生活も残り1ヶ月を切りました。
 さて今回は、イースターについて紹介したいと思います。イースターは日本でも少しずつ定着しているのでご存知の方が多いと思います。有名テーマパークやお店などでたくさんの色で飾られている卵やウサギを見たことがあると思います。ビクトリアにもウサギや卵の形をしたチョコレートや卵の形をしたお菓子がたくさん売られていました。毎年日にちは異なり、今年は3月25日から28日までの4日間が連休になりました。飾られている装飾を見る限り、素敵な色がたくさん使われているので楽しいイメージがありますが、実はキリスト教徒にとってとても重要な日です。このイースター、日本語にすると復活祭と訳され、イエス・キリストの復活をお祝いする日です。この日は家族と一緒にたくさんのごちそうを食べたり、卵を使った遊びをします。隠された卵を探すエッグハント、スプーンに乗せた卵を誰が一番早く運べるかを競うエッグレースなど、子供がする遊びです。
 イースターでよく卵とウサギが使われていますが、その意味として卵は生命誕生の象徴を示し、ウサギはたくさん子供を産むことから生命の復活と繁栄を祝うイースターの象徴となっているそうです。
 クラスメイトとイースターエッグを作りました。今までに作ったことがないのでいい経験になりました。英語にも慣れ、コミュニケーションを取ることがとても楽しいです。残り少ないこの生活を悔いのないように頑張ります。


留学体験記
イースターエッグ


留学体験記
うさぎの形をしたチョコレート


留学体験記vol.5:イースターになりました
留学体験記vol.4:新しいクラス
留学体験記vol.3:授業の様子
留学体験記vol.2:Thanksgiving Day
留学体験記vol.1:カナダでの留学生活
indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME