トピックス一覧

HOME > トピックス一覧 > 学生の声 > 2015留学体験記 > 茂木・フィリピン 01

トピックス

留学生としてのスタート

 こんにちは、観光学部2年の茂木一樹です。
 私は交換留学制度を使って、フィリピンのアテネオ・デ・マニラ大学に8月8日から1年間留学をしています。
 大学が位置するのは、首都マニラから車でおよそ1時間半のQuazon cityです。到着して最初に驚いたのは、人口密度が東京の3倍で、一家族およそ6人ぐらいいるということでした。そのような背景からか、道路はいつも渋滞、クラクションが鳴り響くとても賑やかな場所です。大学構内に入っても売店には大きな行列が出来ています。
 キャンパスはとても広くTrycicalという乗り物と、たくさんの送迎車が後を絶ちません。これから様々な人と接し、刺激を受けて大きく成長したいと思います。 


留学体験記
大学キャンパス


留学体験記
キャンパス内の様子


留学体験記vol.9:夏祭り
留学体験記vol.8:学内イベント
留学体験記vol.7:ナイトマーケット
留学体験記vol.6:前期最終試験に向けて
留学体験記vol.5:フィリピンの旅行事情
留学体験記vol.4:フィリピンの食事情
留学体験記vol.3:organizationとclub
留学体験記vol.2:授業の様子
留学体験記vol.1:留学生としてのスタート
indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME