トピックス一覧

HOME > トピックス一覧 > 学生の声 > 2015留学体験記 > 大萩・台湾 06

トピックス

台湾での食生活について

 こんにちは、観光学部2年の大萩裕佳です。
 台湾の高雄ではもうすでに夏のような暑さです。さて今回は台湾での食生活についてお話しします。
 私の住んでいる寮では料理をする場所がなく、自炊することはできません。そのため、ほぼ食事は外食になります。朝食は、近所の朝ご飯屋さんに買いに行きます。ここは、朝5時ぐらいからお昼の12時ぐらいまで営業しており、午後は営業していません。
 昼食は学食で食べることがほとんどですが、大学の近くのお店に買いに行くこともあります。夕食は、大学のバスを利用して近くのお店まで出かけたりもします。
 食事は毎食およそ50元~100元で食べることができます。日本円で考えると400円以内で食べられるということになります。そのため、日本みたいに外食は高いという概念はありません。そして、ほとんどのお店が「持ち帰り」をすることができ、注文するときにいつも「お持ち帰りですか?それともここで食べますか?」と聞かれます。また、なんと汁物の麺なども持ち帰ることができます。さすが美食の国台湾だなと思うばかりです。
 留学生活は残り2か月程度しかありませんが、台湾と日本の文化の違いについてもっと探っていきたいと思います。


留学体験記
クラスメートとの食事会


留学体験記
友人との昼食風景


留学体験記
朝食でよく食べるダンピン


留学体験記vol.7:おすすめ観光地@台湾
留学体験記vol.6:台湾での食生活について
留学体験記vol.5:台湾の先住民について
留学体験記vol.4:面白い授業Part2
留学体験記vol.3:面白い授業Part1
留学体験記vol.2:大学の行事について
留学体験記vol.1:台湾での生活が始まりました
indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME