トピックス一覧

HOME > トピックス一覧 > 学生の声 > 2015留学体験記 > 桑原・カナダ 08

トピックス

イタリアに行ってきました

 こんにちは、観光学部2年の桑原沙苗です。
 私は今回、2週間の冬期休暇を利用して、5日間のイタリア旅行へ行ってきました。3日間をローマで過ごし、2日間ナポリに滞在したのですが、イタリアは12月でも暖かく、幸運にも滞在中はずっと晴天でした。
 私はまずローマを訪れたのですが、歴史地区として文化遺産に登録されているだけあり、たくさんの歴史的建造物を目にすることができました。3日間有効のローマパスを利用すれば、交通機関だけでなく、いくつかの美術館や遺跡を無料で見てまわることができ、私はそれを利用して様々な場所を訪れました。また、素晴らしいローマの街並みを歩いて見てまわるのも大変魅力的です。どこを歩いても必ず歴史的建造物を目にすることができるので、まるで無料の大きな美術館のなかを歩いているかのようでした。ナポリでは、兼ねてから行きたいと切望していたポンペイ遺跡を訪れました。南イタリアにある古代都市「ポンペイ」は、79年にヴェスヴィオ山の大噴火によって、一瞬にして完全に地に埋まり、その後1748年に本格的な発掘が開始されるまで、約1700年ものあいだ、地中深くで眠り続けていた都市です。火砕流によって飲み込まれてしまったポンペイですが、町全体を隙間なく埋め尽くした火山灰によって、数多くの美術品や、当時の人々の生活をそのままの状態で保存されていました。中に入るとまるでタイムスリップしたのかと思うような古代ローマの街並みが広がっており、これらの大都市を日本の弥生時代に築きあげていたのかと思うと、大変驚きです。
 またローマでは、同じくイタリアを訪れた大林さんと半日行動を共にし、それぞれの留学生活について報告し合いました。他の国でひたむきに頑張る彼女に刺激を受けながら、楽しい時間を過ごすことが出来ました。他にもホテルで同室になった人とディナーに行ったり、明るく陽気な町の人たちやホテルの人とお話ししたりと、とても素敵な時間を過ごすことができました。話好きで知られるイタリア人ですが、そこで日本人との大きな違いに気づきました。彼らはいつどんな時でも挨拶をします。お店やカフェに入るとき、出るとき、何かを尋ねたいとき、彼らはいつでも「チャオ!」と明るく笑顔で言ってきます。自分から行った時も、相手に言われた時も、とても気持ちが明るくなります。日本人は格段に、挨拶をする機会が少ないと感じました。「すみません」や「いらっしゃいませ」だけではなくて、笑顔で「こんにちは」ということも、とても大事なのだと思います。笑顔と明るい挨拶が飛び交うイタリアで、挨拶がいかに大切であるかを感じることが出来ました。


留学体験記
Altare della Patriaにてローマの景色を一望


留学体験記
コロッセオにて


留学体験記
ポンペイ遺跡にて


留学体験記
ヴェスヴィオ山で亡くなった人の鋳型


留学体験記
スペイン留学中の大林さんとディナー


留学体験記
真実の口にてローマの休日のワンシーンのまね


留学体験記
バチカン美術館


留学体験記
バチカン美術館から眺めた庭


留学体験記
バチカン美術館のアンモナイトをモチーフにしたとされる二重螺旋階段


留学体験記
トレビの泉


留学体験記vol.9:大学内外のアクティビティ
留学体験記vol.8:イタリアに行ってきました
留学体験記vol.7:モントリオールでTOEICを受けてきました
留学体験記vol.6:学生との交流
留学体験記vol.5:それぞれの風土、文化
留学体験記vol.4:カナダで初の旅行
留学体験記vol.3:留学生同士の交流
留学体験記vol.2:カナダでの留学生活について
留学体験記vol.1:カナダに到着しました
indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME