トピックス一覧

HOME > トピックス一覧 > 学生の声 > 2015留学体験記 > 黒磯・台湾 10

トピックス

全国日本語アフレココンテスト

 こんにちは、観光学部2年の黒磯雪姫です。
 あっという間に九ヶ月が過ぎ留学生活も残り一ヶ月となりました。後期の中間試験も無事終わり期末試験の準備が始まりました。
 さて、5月20日、21日の二日間で全国日本語アフレココンテストが開催されました。初日は非日本語専攻の学生のコンテストで、二日目が日本語専攻の学生のコンテストと分けられていました。
 台北城市科技大学からは2グループがコンテストに参加しました。『ドラえもん』や『崖の上のポニョ』、『猫の恩返し』、『名探偵コナン』、『NARUTO』など日本の人気アニメ、映画の各場面7分間ほどのものをアフレコしました。審査員の方々は日本人4名で、日本の声優育成学校の先生でした。私は台北城市科技大学から出場する学生達のアフレコ練習で、日本語の発音チェックをしていました。アフレコといっても登場人物の声だけではなく、足音などの全ての物音もいろいろな日常品を使って表現していました。日本人が日本語のアフレコをするだけでも難しいと感じるのに、外国人が日本語のアフレコを完璧にできるようになるにはかなりの時間が必要でした。
 三ヶ月ほど前から授業の空き時間や、授業後に集まって練習をしました。中国語には無い日本語の発音や日本語の独特な表現を理解するのに時間がかかりましたが、何よりもアニメや映画の登場人物の速いセリフを、登場人物に似せて話すことがとても難しそうに感じました。コンテスト前には夜10時過ぎまで残って練習することもありました。その成果もあり、コンテストでは見事優勝と三位という好成績を残すことができました。結果発表で作品名を言われた瞬間、私たち皆で喜びました。出場した選手たちの練習に関わることができたため、とても充実したイベントでした。


留学体験記
アフレココンテストの記念撮影


留学体験記
優勝と入賞を記念して


留学体験記vol.10:全国日本語アフレココンテスト
留学体験記vol.9:日本研究センター
留学体験記vol.8:コーヒー入門
留学体験記vol.7:台湾の旧正月
留学体験記vol.6:ホームステイ
留学体験記vol.5:台中での研修
留学体験記vol.4:初めてのスピーチ
留学体験記vol.3:「食」の台湾
留学体験記vol.2:台湾での日常
留学体験記vol.1:台湾に到着しました
indexに戻る

ページの上に戻る

入試・オープンキャンパス情報奨学金についてニュース交通アクセス鴨川アパートオーナー会お問い合わせJIU HOME