検索
メニュー
メニュー
理事長あいさつ
  • 大学概要

201710181455_1.png
学校法人城西大学 理事長
上原  明
Uehara Akira


このたび学校法人城西大学理事長の職をお受けすることとなり、あらためてその職責の重さを感じています。

今回の会計調査委員会の設置・報告により、学生、同窓生のみなさま、ご父母のみなさま、教職員をはじめ、関係の皆様方に大変ご心配をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。この事態を真摯に受け止め、今後はコンプライアンスの徹底に務め、再発防止に取り組んでまいります。

1965年に水田三喜男先生によって創立された学校法人城西大学は、埼玉県坂戸市、千葉県東金市・鴨川市、東京紀尾井町と首都圏横断的にキャンパスを展開する総合大学へと発展してきました。私が、義祖父上原正吉、父堀田庄三より聞いておりました三喜男先生は、「日本の将来を背負ってたつような気骨を持った人材を育てる教育こそ最も重要である」というお考えを持ち、人の意見によく耳を傾け、謙虚且つ人を温かく包むお人柄であられたとのことでした。私も創立者の建学の精神を大切に守り、大学の発展に全力を尽くす所存です。

学生時代に学び、体験することは非常に貴重で、今後の人生に大きな影響を与えます。私は、若きころ、大学を休学して米国に留学する機会を得、そこで、多様な民族、言語、宗教、文化等に接することを通して、物事に対する柔軟な見かた、考えることの重要性を実感しました。その後入社した日本電気では、通信衛星打ち上げの国際プロジェクト、コンピュータの米国からの技術導入に従事する機会が与えられたのですが、学生時代の経験が実際の仕事に大いに活かせたと思います。学生諸君には、本学で過ごす中で、視野を広げる意義深い経験をしてほしいと願っています。

城西大学、城西短期大学、城西国際大学の三大学が一致し、地域に貢献でき、国際的に活躍できる人材の育成に取り組んでまいりたいと存じますので、皆様方のご支援を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。