韓国留学だより2022年5月分

  • 韓国留学だより

漢陽女子大学校
韓南大学校
韓国外国語大学校
仁川大学校
建陽大学校

 

漢陽女子大学校

こんにちは。漢陽女子大学校に留学している中里です。


日に日に日差しが強くなっており、とても暑い日々が続いています。
今月中旬にTOPIKと語学堂の期末テストがありました。語学堂では、TOPIK IIの쓰기の対策や模擬試験をしてくれたのでリラックスして臨むことが出来ました。また、語学堂の期末テストは、中間テストと同様で読む、書く、聞く、話すでした。
期末テストの次の日は、語学堂の人たちで文化体験として、景福宮で漢服を着ました。とても暑い日でしたが、みんなで綺麗な韓服を着て写真を撮ったり、ご飯を食べたりした良い思い出です。
春学期の語学堂の修了式も無事に終えることができました。


また、漢陽女子大学校の隣にある漢陽大学校では、学祭が行われました。私は、3日間のうち最初2日間の夜に行きました。1日目はPSY、2日目は、JANNABIとaespaを観ました。学祭で有名な歌手を観れるのは、本当に魅力的だと思います。特に好きなアーティストもいたので、幸せな時間でした。
学科の授業はまだありますが、TOPIKや春学期の語学堂が終わったこともあり、少し余裕ができたので遊びに行くことも増えてきました。
最近は、韓国人の友達と遊びに行ったり、カフェに行ったりしてとても充実した日々を過ごしています。

 6月には、学科の期末テストがあったり、夏学期の語学堂が始まるので頑張りたいと思います。

 

韓南大学校

​​안녕하세요! 韓南大学校に留学中の小太刀です。
韓国は5月の頭から暑い日が続きました。期末試験も実施され、終了式も終え、春学期の語学堂の授業が終わってしまいました。韓国に来て3ヶ月が経ちますが、本当にあっという間でした。私はこの5月!韓国に来て最も充実した1ヶ月になりました!今月は誕生日だったのですが、大学の友達がアパートの一室を借りてパーティーを開いてくれました。韓国では誕生日にワカメスープを食べるのですが、友達がワカメスープやチャプチェなどたくさんの韓国料理を作ってくれました。韓国に入国した当初から仲の良い同じ留学生の先輩と同じ誕生日で、こんなことあるんだなと驚きました。サプライズでケーキやプレゼント、ビデオメッセージを用意してくれていて、とても思い出に残る二十歳の誕生日になりました。  




ハタチになり、新しいことに挑戦すべく、ゴルフに挑戦してみました!人生で初めてゴルフをしたのですが、とても難しかったです。その日初めて会った、大学の友達が丁寧に教えてくれたおかげで、楽しくゴルフをすることができました。 

また、ソウルまで行き、イベントに参加してきました。「2022今、韓国は」というテーマでトークショーイベントがソウルで開催され、対象の学校の日本人留学生が参加する音ができました。KPOPアイドルのパフォーマンスや俳優のトークを鑑賞しました。私は昔から好きだったアイドルのパフォーマンスを近くで見ることができ、とても感動的でした!

   
韓国では今月から屋外ではマスクの着用をしなくてもよくなりました。まだあまりマスクを外して歩いている人は見かけません。少しずつ規制が緩和されて、コンサートや野外フェスなどのイベントが開催されるようになっています。私もソウルで開催された野外フェスに行ってきました。コロナ禍になって以来こんなに人が集まった光景を見るのは初めてで、ようやく終止符を迎えているんだなと感じました。その日は暑かったのですが、豪華なアーティストたちに会うことができて忘れられない思い出になりました!
 

韓国外国語大学校

入国から約3ヶ月が経ち、ようやく韓国の生活に慣れてきました。語学堂では、期末試験とインタビュー試験がありました。中間試験と比べてリスニングが少し難しかったように感じました。5月18日に語学堂の修了式があり、クラスメイトそれぞれにメッセージを書き、最後に先生から修了証を頂きました。様々な国のクラスメイトと楽しく過ごすことが出来ました。あっという間な2ヶ月間でした。韓国語の能力も伸びたように感じます。そして、学部授業では、期末課題がありました。韓国の芸術についての授業を履修しているのですが、授業で学んだ韓国伝統音楽を実際に歌って先生に採点してもらうというものでした。とても面白い課題で一生懸命やったのですが、発音がまだうまく出来ていないというフィードバックを受けました。まだ練習が必要だということが分かったので良い機会でした。

また、5月は個人的にもとても充実した月でした。コンサートに行ったり、友達とカフェに行ったり、今月から始まった日韓言語交流のイベントを通して韓国人と出かけたり、語学堂のクラスメイトと海に行ったりしました。今月は語学堂のクラスメイトや韓国人と一緒に過ごす時間があったので、さらにリスニング・スピーキング能力が伸びたように感じました。

今学期で故郷に帰ってしまう語学堂のクラスメイトもたくさんいます。別れはとても悲しいですが、またどこかで会えたら良いなと思います(中野)。




仁川大学校

こんにちは!
仁川大学に留学中の西村です。

今回は、TOPIKの申し込みと当日の流れについて紹介します。

申し込みの流れ

①     TOPIKのホームページを開く
②     会場選ぶ
③     個人情報を入力(テスト結果の送り先等)
④     顔写真の登録
⑤     個人情報の最終チェック
⑥     カード・口座支払い(韓国の口座のみ対応)
⑦     登録完了

当日の流れ

①     会場に行く(開始40分前には到着していないといけない)
②     入り口で体温・パスポートか外国人登録証の確認
③     自分の名前のシールのある席に座る
④     スマホなどの電子機器の回収
⑤     テスト開始

注意点

①     申請の際、申請ページに入るまでの待機時間が1時間から1日かかることがある。
②     1日目ソウルの会場の申請 2・3日目その他の会場の申請 4日目キャンセル分の申請
③     支払いの際、日本で使っているクレジットカード等は使えないため、韓国で口座を開設してから申し込みをする
④     試験会場での説明や対応の時の会話はすべて韓国語
⑤     受験票は事前にホームページから自分でコピーして持参

日本のTOPIKと同じようで少し違う点もいくつかあるので気を付けて試験を頑張りましょう♡*.+゚

今月は、授業以外に2022 THE CRY groundというLIVEに行ってきました。

漢江の公園内での屋外LIVEだったので、とても暑かったです。食事のできるスポットや休憩のできるスポットもありLIVE以外も楽しめました。大好きなラッパーさんに会えてLIVEは最高だなと改めて思いましたㅋㅋ

仁川大学に留学している北川です。

 

韓国の5月は天気の良い日が多かったように感じます。そして日中は暖かいのに夜は冷えるので温度調節が難しいです。

5月に入り私がずっと行ってみたかったPCバンに行きました。会員登録をしてアカウントを作りそのアカウントにお金をチャージすると決められた時間ゲームができたり、映画やドラマが見れたりします。飲み物はもちろんラーメンなどのご飯なども注文することができるのでインドア派な私にとってはとても幸せな空間です。

5月の後半は韓国の大学の学祭シーズンで仁川大学も学祭が行われました。屋台が出たり、学部ごとのブースがあったりしました。私は授業があってブースを回ることは難しかったのですが夜に行われるアーティストの公演は見ることができました。ライブに来たような雰囲気だったのでコロナ前の日常に少しずつ戻れているように感じて嬉しかったです。仁川大学の他に中央大学(중앙대)の学祭にも行きました。とても大きな学校だったので学祭の規模も大きくて楽しかったです。

 

春学期終了まであと1カ月をきりました。6月は期末テストがあるので中間テスト同様、頑張って勉強したいと思います。

こんにちは。
仁川大学に留学している原田です。

5月に入り、2年ぶりの学際を楽しんだと思ったら5月末の
期末試験に向けて忙しい毎日を過ごしています。

今回の5月編は、「地下鉄・バスの乗り方」「オススメアプリ」の2つのテーマについて紹介していきたいと思います。


『地下鉄・バスの乗り方』
韓国では地下鉄やバスの料金が日本に比べてとても安いため、韓国での移動手段としてこの2つが主に使用されます。そこで今回は、みなさんに地下鉄やバスの乗り方と共に、注意点などを交えながらお話しできたらと思います。まず、初めに公共交通機関を使用する際には、切符などが必要になってくるのですが、韓国も日本同様に교통카드(交通カード)と言われる日本でいうSuicaのようなものがあります。もちろんこれも現金でチャージをして使えるため、留学で半年以上いられる方は、乗る都度切符を買うより断然こちらを買うことをオススメします。またこの交通カードは、コンビニやネットでいつでも購入が可能です。

地下鉄
地下鉄を乗る際、基本的に카카오지하철というアプリを使って調べながら乗ります。
出発地から目的地までの駅名をアプリに登録させて調べると、今乗れる目的地行きの電車が表示され~행(~行)という部分を見ながらホームに行き電車を待ちます。そのときに빠른 환승(早い乗り換え)と書いてある部分に数字が書かれているのですが、その数字の車両または近い車両に乗っておくと乗り換えがあるときは、はやく次のホームまで行けるのでオススメです。そして車両番号はホームドアの下に記載されている場合が多いため注意してみていただけるとよろしいかと思います。
―注意点―
・車両内での宗教勧誘や物を売りに来ている人には目を向けず、静かに違うところを見る。
・ピンク色の妊婦用席には座ってはいけない。
・席は空いた瞬間にすごい速さで席取りゲームが始まるので注意・・・
 

バス
バスに乗る際には複雑な카카오버스アプリを使うより네이버 지도という地図アプリを使っての検索をオススメします。アプリの検索欄に目的地の名前を入れ、到着というボタンを押すだけで、現在地から目的地に行く一番近いバス停を表示されるので、アプリにそってバス停に向かいます。その後バス停に着いたら、あとどのくらいでバスが来るのかを確認して乗ります。バスの場合は、運転手がいるほうから乗り交通カードを提示し、降りる際は後ろから再度交通カードを機械に読み込ませてから降りるという手順です。
―注意点―
・停留場で自分が乗るバスには一歩前にでて乗るアピールをして、乗らないバスには目線をそらす、背中を向けるなどするとよい。
・停留場は1つ1つ止まらないため、アナウンスと前に表示されている電光掲示板を確認しながらstopボタンを押さないといけない。
・韓国バスのスピードが速く、乗った瞬間から発射するためすぐに席に座ることが大切。
・降りるときは目的地の停留場がつく前にドアのところで降りる準備をする(カードも読み込ませておく)。
 
 

『オススメのアプリ』
韓国で生活している中で、いくつかのアプリを使って生活してきました。今回その中で、必須アプリ、オススメなアプリを紹介していきたいと思います。

인천대학교(仁川大学校)・・・仁川大のマップや受講授業が見られる。
수강신청(受講申請)・・・授業の申請をするときに便利にできる。
코스모스(コスモス)・・・授業の連絡、配布物が見られる。
심간표(時間表)・・・時間割表アプリ(夜授業がある人は韓国版時間割アプリを使うと◯)
네이버지도(ネイバー地図)・・・地図アプリ
NAVER・・・日本のYahoo!やGoogleのような検索アプリ
카카오T(カカオタクシー)・・・タクシーを呼ぶときに使う。
카카오지하철(カカオ地下鉄)・・・地下鉄の乗り方を教えてくれる。
카카오버스(カカオバス)・・・バスの乗り方を教えてくれる。(個人的に×)

私は韓国にきてカカオタクシーは、1回ほどしか使用したことがないのですが、料金が事前にわかる・運転手の人がどんな人かわかるなど、普通にタクシーを呼ぶよりは、高値での支払い請求などを言われる可能性が低く安心して乗ることができます。
2ページ目は、私的に必要なものや生活をよりよくするためのものになります。

미세미세(ミセミセ)・・・その日のミセモンジ度がわかる。
올리브영(オリーブヤング)・・・PLAZAのようなお店のアプリ。
빨간달력(赤いカレンダー)・・・韓国のカレンダー。
배달요기요(配達ヨギヨ)・・・食べ物の配達アプリ。
배달의민족(配達の民族)・・・食べ物の配達アプリ。
포켓CU(ポケットCU)・・・コンビニ店CUのアプリ。
캐시워크(ケシウォーク)・・・歩数でポイントを貯めて食べ物などと変換できる。
지그재그(ジグジェグ)・・・日本のショップリストのような衣類関連アプリ。

韓国はミセモンジが日本より多いため、ミセミセアプリは入れておいたほうがいいと思います。またこのアプリを1つ入れておくと天気もわかるのでオススメです!そしてケシウォークは、コインを貯めながら楽しく運動不足解消にもなるアプリで、スターバックスやコンビニなどの食べ物などに変換できます。

このようにいくつかのアプリを紹介してきましたが、他にも様々な便利アプリがあるため、自分にあったアプリを探しつつ、参考にしてみてください!

 

6月には、大学の期末試験が終わり、サマープログラムで韓国語を集中的に勉強するため
そのことについても次回お話ししたいと思います。


仁川大学に留学中の伊藤です。

留学が始まって3ヶ月が経ち、韓国も季節が変わって半袖で過ごす日が増えてきました。

【授業】
最近、私が受講している日本語入門という授業の中で日本語学習者がつまづくポイントを発見しました。それは韓国語にない長音の存在です。長音を意識して発音練習するため、アクセントまで気が回らず発音が少し違和感あることがありました。逆にアクセントを意識すると微妙に長音になっていない時もあるので難しい部分なのだと気づきました。また私のクラスは日本人の友人がいる韓国人が多いのでスピーキング能力が高いです。なぜその言葉を知っているの?と驚くほど語彙力があります。語彙力がある分、類義語に戸惑うこともあるようです。これとこれは同じ意味だけど、どうやって使い分けるの?と質問されることもありました。私は母国語として日本語を使っているため、当たり前のように使い分けていますがいざ説明するとなるととても難しいです。様々な発見ができるので日語日文科の学生たちに混ざって受講できるのは凄く良い機会だなと感じます。
また私ではなく友人が受講している授業の一環で外に出かける機会がありました。仁川で有名なチャイナタウンへ初めて行ったり、昔ながらの建物や、その都市に関する説明を聞きながら散策しました。

 
↑シンポ駅付近にあるチャイナタウン

【T O P I K】
韓国へ来て初めてT O P I Kを受けました。T O P I K自体は3回ほど受験したことがあるので試験自体はいつもと何も変わらないのですが、少し緊張と不安がありました。またソウルの中学校が受験会場だったのですが、どこか日本と違う雰囲気もあり、懐かしさも感じました。ただT O P I Kを申請する際、多くの人がサイトに入ったためエラーが起きてなかなか次に進めませんでした。仁川市内の会場を取りたかったのですが定員がすぐに埋まってしまい、結果ソウルの空いている学校を選択しました。これは次の7月受験の会場を取る際も同じでした。なんとか次回のT O P I Kは仁川市内の会場を選択できましたが、留学に来る際は申請期間をしっかり確認して万全な準備をすることをお勧めします。また大学側が団体申請してくれる場合もあるので自分が留学する大学にまず問い合わせましょう。
 
↑T O P I K会場

【放課後】
 今月は色んな所へ出掛けてみました。まずスタディカフェに行きました。韓国はどこにでもスタディカフェがあります。2時間、4時間制、パソコンブース、集中ブース(タイピング音禁止)など色々なコース・ブースがあります。試験期間でなくても集中したい時、家で勉強できない時に使用します。食べ放題・飲み放題で環境も充実しています。
 
↑スタディカフェ(パソコンブース)

 また今月は学祭がありました。今年から制限を少し緩和して開催していました。17時までしか屋台や学生ブースは開かれていませんでしたが、とても賑わっていました。学生たちのブースが終わるとご飯屋さんの屋台が沢山きて長蛇の列ができていました。また韓国の学祭といえば、音楽ステージです。今年の仁川大学は、C H E E Z Eや10cmなどが公演しに来ました。賑わいすぎて、私は別の建物の3階くらいから覗いていました。とても楽しかったです。初めて会う韓国人の方達とも一緒にご飯を食べて楽しい時間を過ごしました。
 
↑学祭(ご飯屋さんブース)
 
↑10cmのステージに集まる学生たち

 私はトトロという日韓交流サークルに参加しているのですが、今月は8人グループでご飯を食べに行きました。初めて会う韓国人学生もいて最初は緊張しましたが、ご飯の席で打ち解け楽しく過ごせました。トトロでは野球観戦や遊園地へ出かけたりと今年から活動範囲が広くなっています。あと数ヶ月しかいられませんが存分に楽しみたいと思います。
 
↑トトロで一緒の班メンバー

 最近はソウルまで行かず、仁川市内で楽しめる場所に遊びに行くことが増えました。今月は구월동というところに行きました。とにかく美味しいご飯屋さんが多いです。また大きなデパートがあるので人も多く、カフェやカラオケ、バーもあるので夜まで人が絶えない場所です。私はボードゲームカフェに初めて行きました。見たことがないボードゲームばかりだったのですが、いざ挑戦してみるととても楽しくてつい声が出ちゃうほど熱戦していました。韓国人の友人ができると初めて知れることが多く、韓国を満喫できているなと感じます。
 
↑구월동の風景           

↑ボードゲームカフェ

今月も学習面、生活面の両方で充実した1ヶ月を過ごすことができました。来月は期末試験を控えていますが、勉強を怠らず、私生活も悔いのないよう充実した日々を過ごしたいです。

仁川大学校に留学中の大坪です。韓国に来て約3ヶ月が経ちました。韓国の生活に対する不安も全く感じなくなり、毎日が本当に楽しいです。
今月はたくさんのイベントがありました。韓国の大学では축제という学園祭があるのですがそこでは屋台がきて美味しいものが食べられます。
 

他にも学生たちが学科ごとにゲームの出し物をしたりします。どの学科かわかりませんが浴衣を貸し出している学科もありました。夜のステージでは有名人が来てステージを披露してくれます。今年の仁川にはDPR LIVEや10CM、하현상などの歌手が来てくれました。学校によってはaespaなどのアイドルがくる大学もあるみたいです。
 


それから、今月は野球観戦をしました。韓国の野球場では応援にアイドルが来るみたいです。私たちが行った日はbilllieが来ていました。
 
 
 

来月は期末テストがあるので、勉強面も生活面も頑張りたいです。

韓国の仁川大学に留学している秋田です。

5月になり中間テストも終わって、韓国は学園祭のシーズンでした。いろいろな課題がひと段落して今までの疲労が一気に抜けた感じがします。

韓国の学園祭は有名な歌手が来たりすることで知られていたのでとても楽しみにしていました。誰が来るかなどの情報は事前に学校のInstagramなどで知らされます。仁川大学には10㎝やDPR LIVEが来ました。私は今回来たアーティストを知らなかったのですが、公演を見てとても好きになりました。アーティスト講演のほかにもサークルの発表や屋台なども出ていました。思っていたよりも規模が大きくて驚きましたが最高に楽しかったです。また秋にも、春よりも大きな学園祭があるみたいでその時はもう少し有名な歌手が来るという話を聞いたのでとても楽しみにしています。

授業については、学科の授業で発表がありました。教科書の内容をまとめて、自分の考えを発表するものだったのですが、準備をするのとても時間がかかりました。当然ですが教科書は全部韓国語で書いてあるので、一度翻訳機などを使いながら内容を理解し、まずは日本語で原稿を書いて、そこからまた韓国語に直していきました。時間がかかるだろうと思っていたので発表の1週間前くらいから準備を進めました。韓国語の授業でする発表などとは内容の難易度も違うし、量も多いので、ひたすら練習をしました。発表の当日はとても緊張しましたが、特に大きなミスもなく無事終えることができたので良かったなと思います。次は私が討論をする立場になるので、その討論もうまくいくように頑張りたいと思います。

 

これからまた期末試験が始まって忙しくなってくると思うので、そのあとの楽しい夏休みに向けて努力していきたいと思います。

仁川大学校に留学中の山口です。

5月には健康診断や大学内のお祭り、野球観戦などを行いました。

大学内のお祭りは1日目に映画鑑賞、2日目と3日目に学部ごとにお店を出していました。その中には、ボディーペイント、タロット、着物の試着などがありました。また、出店は焼き鳥、焼きそば、たこ焼き、ポテトなどがあり、舞台ではダンスやテコンドーなどの出し物や韓国の有名な歌手が来てとても盛り上がった3日間でした。


野球観戦はトトロという日韓交流サークルの行事で参加しました。サークルでは韓国人と日本人の交流ができ、たくさんの友達ができます。韓国では初めての野球観戦でしたが韓国人や日本人の友達と楽しく過ごせました。


授業面では中間テスト前より難易度が上がり、わからないことが少し増えましたが、6月には期末試験があるため、良い成績を残すために頑張りたいと思います。

 

建陽大学校

建陽大学校に留学している国際文化学科2年の喜友名です。
5月に入りやっと韓国語に慣れてきました。最初は耳が慣れず1人で買い物をすることも恐怖でした。店員さん達が冷たい雰囲気の方が多いので、慣れるまでは恐怖でいっぱいですが、今では自分の韓国語に自信がついて毎日楽しくなりました。5月は期末テストと韓国語能力試験があったので5月上旬は毎日勉強に追われていました。努力をしないと気が済まない私の性格を生かして毎日勉強に励んだ結果、期末テストの成績が上がり、クラスで上位の点数を取ったり、満点の科目もありました。

期末テストの日は私の誕生日でもあって、先生と先輩方で食事をしました。


そして今月からフィリピンの学生と仲良くなり、言語交換を始めました。私が日本語を教える代わりに、英語を教えてもらっています。自分が今まで日本語を覚えてきた方法が分からないので、教えることがどんなに大変か改めて知りました。そして、今まで習ってきたアメリカ英語とフィリピン英語の違いを見つけることができる貴重な体験です。学生同士ですが、日本人と違い間違っているところははっきりと伝えてくれるので、自分の力になっています。私たち建陽の留学生は午後に授業がないため、自由に時間が使えます。時間を有効に使うためにも、留学生活を充実したものにするためにも、自分が興味のある言語を話している人に声を掛けて、言語交換することをお勧めします。



今月は隣町や論山市で散策をたくさんしました。湖と橋がある탑정호や、綺麗な景色が多い田舎では「インスタ映え」する写真が撮れるので、韓国人になった気分になれます。

 こんにちは。建陽大学校に留学している鈴木です。

 5月の頭に期末テストがありました。試験内容ややり方は前回とほぼ変わりません。期末テストが終わると1クォーターが終わります。2週間ほど前から2クォーター目が始まりました。レベルも上がり、中級の教科書で勉強しています。難易度が変わって、少し難しさを実感していますが、しっかりと頑張っていきたいです。

 期末テストが終わると、TOPIKの試験もありました。難しくあまり手ごたえがないのですが、1か月後の結果を待ちたいと思います。

 韓国は、最近気温が高くなり、お昼ごろは暑いので半袖を着る機会が増えました。日差しも強いです。そして虫も多く出てきて、部屋の中でも虫と戦っています。韓国人の子から、殺虫スプレーを買って、窓は開けずに開けたかったら部屋のドアを開けた方がいいよと言われたので、実践してみようと思います。



 建陽大学校では、5月中旬に祝祭がありました。学生たちの歌やダンスの出し物を見て、とても楽しかったです。屋台も出ていてたこ焼きなど日本の食べ物も食べることができました。充実していてとても良かったです。

こんにちは。建陽大学の田村です。

5月15日にはTOPIKがありました。私はTOPIKを受けたことが無かったのでとても緊張していましたが無事に終えることが出来ました。試験に関する説明がすべて韓国語なので心配な人は日本語のサイトで受験の流れを調べてから受験すると安心だと思います。

留学生活も残り2か月となったので体に気を付けながら楽しく過ごしたいと思います。

写真は建陽大学で飼っている猫ちゃんです(=^・^=)

 

안녕하세요!!
建陽大学に留学中の阿部です!
今回は、5月の建陽大学での生活についてです!!

 

段々と韓国での生活に慣れてきて、天気がいい日も多く充実しています!
昼と夜の寒暖差があり、体調管理が必要です!!

 

5月のはじめには、美容室に友達と行って髪を染めて来ました。
事前に予約をして、とても緊張したのですが優しい方で日本についてたくさんお話して楽しかったです!韓国の美容室は、本当に早く髪を染めたのですがすぐ終わりました。そこに驚きつつ、髪を染めた後、友達も先生も褒めてくれたので嬉しかったです笑笑

5月は、誕生日の友達が多く、後輩の誕生日を一緒にお祝いしました。


 

5月の目玉は、学祭がありました!!学部生の私だけ授業がなかったので語学堂の友達が授業を終わるのを待って一緒に行きました!!小規模ではありましたが、出店があって食べたり飲んだり体験コーナーもあって楽しかったです!!
夜は、歌やダンス、バンド、ラップのサークルの方たちのステージを鑑賞しました。やっぱり韓国全部レベルが高かったです!!
日本の大学でちゃんとした学祭に参加したことがなかったので本当に充実した日になりました!!



 

来月は、期末試験と夏休みなので気を抜かずかつ楽しみながら留学生活を送りたいと思います。
今回はここまでにします。また、来月会いましょう!!