韓国留学だより2022年6月分

  • 韓国留学だより

韓南大学校
韓国外国語大学校
漢陽女子大学校
建陽大学校
仁川大学校

韓南大学校

안녕하세요!! こんにちは!韓国 韓南大学に留学中の小太刀です。あっという間に6月になり韓国も暑い日が続いています。韓国の梅雨は6月の下旬から始まります。語学堂の先生曰く、今年は異常気象で例年とは違うみたいです。大田では1日雨が降り続くことは少なく、降ったり止んだりの繰り返しでした。
去年の今頃の私は、ようやく一人暮らしと大学生活に慣れてきた頃でした。つい最近のことのように感じますが、もう一年経ってしまったんだなと、、、時間の流れは本当にあっという間です。
今月から、夏学期の語学堂がスタートしました。夏学期の語学堂の受講料は56万ウォン自費になります。難易度も少し上がり、予習復習は必須です!クラスのメンバーや担当の先生も変わり、とても新鮮な気持ちです。今月は新しい出会いもありましたが、悲しいお別れもありました。一学期終了とともに、留学期間が終わってそれぞれの国に帰る人がたくさんいました。先に日本に帰ってしまう先輩や、ベトナム人の友達も帰ってしまい、また会う約束をして涙ながらお別れをしました。先輩方が皆さん口を揃えて、あっという間に終わってしまった、と言います。私ももうすぐで留学の半分が終わろうとしています。悔いがないように、勉強もしっかり頑張り、友達とたくさんの思い出を作っていきたいです。

ところで、「大田」と聞いて、皆さんはどのような印象がありますか?大田は日本でいうと名古屋に例えられています。私は今月、夜に大田の夜景が一望できるシクジャンサンという山にドライブをしに行きました。韓国に来て初めて、大田の夜景を見たのですが、実際に住んでみて実感しているよりも都会で驚きました。大田は観光地としてはあまり有名ではないのですが、韓国に来た際には是非一度見てほしいです!
   
 

大学の一学期が終わると、寮のお引っ越しをします。元の寮(sibily2)から歩いて徒歩約5分の所にあるソマンガンという寮に移動します。ソマンガンは大学の敷地内にあります。
荷物を全て移動させなくてはならなくて、寮に住んでいる学生が一斉に移動を始めるのでエレベーターが混み合いスムーズに進めることができませんでした。思いのほか、荷物が多く、合計7往復し、その日の夜から筋肉痛になりました。大学の夏休み期間が終わると、また元の寮(sibily2)に移動することになります。また荷物を全て移動させなくてはならないと考えると本当に恐ろしいです。ちなみに、sibily2の一学期間の寮費は77万ウォンでした。寮の中には、B1に共有の休憩スペースと洗濯室があります。F1からF3が男子フロア、F4からF6が女子フロアになります。各階に休憩室がありウォーターサーバーが置いてあります。キッチン等の設備がないので基本的に、外食やテイクアウトをして食事をします。ソマンガンは、大学の夏休み約2ヶ月の間滞在することになりますが、2ヶ月の寮費は39万ウォンです。ソマンガンのB1には本来であれば食堂が営業しているのですが、コロナの影響で今は営業されていません。入寮して間も無くわかっていないことが多いので、来月の留学便りに記載したいと思います。写真などの資料がなく想像がつきにくいとは思いますが、たくさんの人が共同で利用している施設なので、資料の添付が難しいです。ご了承ください。

7月になり、一年の後半が始まりますね!7月にはTOPIKもあります。熱中症対策をしながら、暑さに負けず頑張っていきたいと思います!皆さんもファイティン!!

韓国外国語大学校

 6月を振り返ってみて、1番に思いつくことは「本当にあっという間だった」ということです。勉強面では6月7日から夏学期の語学堂が始まり、新しい先生、新しいクラスメイトと一緒に楽しく勉強しています。今学期からは全面対面となり、毎日教室で先生やクラスメイトと直接会って授業を受けることが出来るようになりました。オンラインでの授業も良い点はありましたが、対面ですとコミュニケーションが取りやすいのでグループワークがとてもやりやすくなったと感じています。また6月中旬には学部授業の期末考査がありました。期末考査も中間考査と同じくオンラインでの試験でした。選択問題の中にも記述式があったりしました。少し難しいと感じましたが、自分が想像していたよりも良い点を取れたので一安心でした。
そして遊びの面でも充実していた1ヶ月でした。友人達と色々な所に出掛けて韓食や日本食を食べたり、買い物をしに行ったり、コンサートに行ったりと本当に充実していました。韓国には日本料理店が多いので日本食が恋しくなってもすぐに食べることができます。外大の周りには日本食だけでなく様々な国の料理店があるので機会があれば行ってみたいと思います。
 あっという間に1ヶ月が過ぎ、残りの留学生活も半年となりました。悔いのないよう、引き続き頑張っていきます(中野)。

  
 

漢陽女子大学校

 

こんにちは。漢陽女子大学校に留学している中里です。

6月中旬には、実務日本語学科の期末試験があり、その後すぐ語学堂の授業が始まりました。学科では、3科目履修しているのですが、全て筆記試験でした。

実務日本語学科 期末試験の主な内容
・초급일본어독해(初級日本語聴解|1年生)→漢字の読み書き、日本語を韓国語・韓国語を日本語に翻訳、()に当てはまる接続詞を書くなど
・중급일본어독해(中級日本語読解|2年生)→教科書通り、日本語を韓国語に翻訳、漢字の読みがな、日本語で言葉の説明を書くなど
・일본어통역연습(日本語通訳練習|2年生)→『魔女の宅急便』を韓国語から日本語に翻訳、漢字の読みがな

学科の期末試験が終わり、次の日から語学堂の夏学期が始まりました。5級では、難易度が一気に上がったように感じます。5級でも文法は学んでいますが、書くものや話すものが多いです。内容もより専門的になってきて難しいです。また、課題の量もかなり増えました。

5級の授業は、午後13:30~17:20に行っています。必ずしも、~級が午前、午後と決まっている訳ではなく、生徒の人数や状況によって変化します。私たちは、現在は午後に行っているので授業後は、寮に戻ることがほとんどですが、たまに友人と外食にも行きます。

こんにちは。漢陽女子大学に留学している谷です。

今月は期末テストをし、学科の授業が終了しました。そして留学生活、残り語学堂の授業だけとなってしまいました。

今月から少し留学のまとめのように振り返りながら書いていきたいと思います。
まず、外国人登録証を作るために早めに訪問予約をすることをお勧めします。私がみた時にはもう2ヶ月先しか空いていませんでした。


初めて寮に入った時は少し衝撃を受けましたが、今は三日ずつ掃除当番を回したり、洗濯機や乾燥機を誰が使っているかわかるようにホワイトボードに自分の名札を貼って使いやすくなりました。また、二ヶ月ごとに寮費を払うのですが前回も今回も480000ウォンでした。
 
 


学食
学食を食べれる場所が三箇所あり、教職員食堂・学生食堂・ヘンウォンパーク食堂があります。教職員食堂は値段が少し高く1日一種類です。学生食堂とヘンウォンパーク食堂は1日に2種類あります。値段はAが4500ウォン、Bが4200ウォンです。
メニューは漢陽女子大学のインスタやホームページに載っています。
出前アプリで近くのお店に頼めるので天気の良い日に友達とベンチに座って食べるのもありです!アプリでは日本のカードが使えないので現金を多めに持っておくといいと思います。


TOPIK
韓国で初めて受けたTOPIKの結果が出ました。6級取りました!
前回申し込んだ時はすぐに満員になるところが多く急いで申し込みをしないといけない状況でした。なので、ソウルで受ける場合は特に時間になったらすぐに申し込むことをお勧めします。

語学堂
語学堂はヘンウォンパークというところのB1にあります。今月から夏学期が始まりました。もともと6月8日に始まる予定でしたが、新しく入ってくる人たちのビザの問題なので始まりが伸びました。そして、5級クラスに1人日本人が増え5人クラスになりました。また、午後の授業となってしまったのであまりどこかに行くことができませんが、午前中や休みの日を使い、時間を無駄にしないよう韓国の文化にたくさん触れたいと思います。
語学堂費は1学期910000ウォンでした。


生活費に関しては一人一人違うのですが、食費や交通費など色々含めて5万円あれば十分に足ります。私の場合は平均一ヶ月2~3万ぐらいだと思います。また、保険料は56000ウォンぐらいです。
残り2ヶ月、一生懸命勉強して韓国語を上達させることと積極的に韓国語で会話したり現地の文化を学べるところに行ったりと短い期間で充実した生活を送りたいと思います。

 

建陽大学校

こんにちは。
建陽大学に留学している高野です。

今月はたくさんイベントがありました。

6月初旬は城西国際大学から一緒に留学に来た子の誕生日だったので学校の近くにある居酒屋に行きました。
韓国で初めて寿司を食べたのですが美味しかったです。
またお好み焼きも結構日本の物と似ていて美味しかったです。
ですが、外国の食べ物だからか会計をしたらいつもの食事よりめちゃくちゃ高くてびっくりしました。でも久しぶりに日本食を食べれてよかったです。


6月中旬には韓国で有名な청춘페스티벌 (青春フェスティバル)という野外フェスがありました。これまで韓国はライブでスタンディング席が規制されていたのですが、청춘페스티벌ではスタンディングゾーンができて、出演者を近くで見ることができました。
炎天下の中自分が好きなアイドルの出番を待っていたので見てすぐわかるぐらい日焼けしました。

6月下旬には友達とソウルに行き水族館で海の生き物を見てきました。
ソウルの団地が立っているそばに63ビルディングというすごく高いビルがあってをそこの1階と地下1階に水族館があり、色んな生き物がいました。
かわいい魚や動物に癒されてさらに韓国語の勉強を頑張ろうという気持ちになりました。

最初はソウルまでのタクシー、電車、バスの乗り方や切符の買い方、乗り換えの仕方など不安な事ばかりでしたが4ヶ月経つとどれも慣れました。

最後に6月30日にTOPIKの成績発表がありました。
5月に受けたTOPIKなのですが、リーディングが自分的に難しくて、周りの人も難しかったと言っていたので低い点数を予想していたのですが平均より30点ほど上回れたこので嬉しかったです。そして後もう少しで6級だったのですが点数が足りなくて5級になってしまいました。ですが留学に来る前はギリギリ4級に受かる点数だったのに、留学を通して韓国語能力が上がっているのがとても分かってよかったです。もっと勉強をして7月のTOPIKでは6級を取りたいです。

こんにちは、建陽大学に留学している田村です。6月になり韓国も暑くなってきました。湿度が低く比較的に過ごしやすい韓国ですが最近は梅雨の影響でジメジメしています。
6月は初めてソウルに遊びに行きました。建陽大学がある論山市からは汽車で1時間半ほどでソウルに行けます。ずっと水族館に行きたかったので友達と水族館に行きました。
建物の中に併設されている水族館なので小さめではありましたがとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。帰りに漢江に寄ったのですが時間が無くあまり観光することが出来ませんでした。次の機会に取っておこうと思います。
私は半年間の留学なので留学生活が残り一か月となりました。悔いの残らないように勉強も思い出作りも沢山したいと思います。

こんにちは。建陽大学校に留学している国際文化学科2年の喜友名です。今月は、韓国に慣れてきて1人行動に挑戦したり、色々分かったことが多い1ヶ月でした。
まず、今後派遣される学生の中で質問が多かった、金銭的な面からお話します。

金銭面:1ヶ月にかかる金額は生活費だけで5万円かからない程度です。しかし、洋服の買いすぎや、遠くまで行って遊んだりするとそれ以上にかかってしまいます。普通に生活してる分には5万を越さないと思うので、是非参考にしてください。
そして、私は生活必需品などにかかる費用は、両親からの月5万円で、それ以外の遊びなどは自分のクレジットカードを使用しています。
さらに注意点をあげると、今年から留学生も国民保険に加入することになったので、初月約1万円。そして毎月5000円程度が請求されます。

次はSIMカードについてです。
SIMカードを購入する場合、2ヶ月分だけ日本で買ってください。それ以降、外国人登録証が出来たら携帯会社で契約を行ってください。韓国で契約した方が安いですし、日本のSIMカード購入先にもよりますが、ショッピングやポイントカードの制作も出来ないため、かなり損をします。


 そして今月は1人で行動する機会が多かったです。ノンサンには美容室が少ないので、隣町のテジョンまで行って髪の毛を染めました。これから派遣される方もぜひ、テジョンでショッピングや美容室Dayを過ごしてみてください。


そして、今月はソウルまで一人で行って、先輩方とコンサートに行きました。外国人でもコンサートのチケットが取れたので、留学中に1度は経験としてコンサートに行ってみて欲しいです!


今月末には、5月のTOPIKの結果が出ました。TOPIKは2級レベルしか取れていなかった私が、渡韓して2ヶ月足らずで、5級まで昇格しました。自信がなかった私ですが、自分の成長に驚きました。これからは会話の練習を主に頑張っていきたいと思います。


最後に、今月はグローバルバディーの韓国人学生とサンシャインスタジオに行きました。ここは植民地支配の時の街の風景が見れます。映画の舞台にもなっているので、映画を見てから行くと、さらに楽しくなります。1度は訪れて、日本の影響を受けている韓国を見てみるのも留学生として必要だと思いました。別の場所には戦後の風景の街もあるので、植民地支配中と解放後の街を比べるのも学習になります。

 こんにちは。建陽大学校に留学している鈴木です。

 韓国に来て、4ヶ月ほどが経ち今まで3回のテストが終わりました。早いです。今学期はあと期末テストを一回やると、語学堂は夏休みに入ります。半年組の留学生たちも7月で日本に帰ってしまいます。とても寂しいですが、私は1年間の留学、頑張りたいと思います。
 また、学部に通っている学生たちはもう夏休みに入っているそうです。うらやましいです。

 建陽大学では、5月からグローバルバディという外国人留学生と韓国人が一緒になって活動する制度が始まりました。この活動では、勉強や韓国語を教えてもらったり、一緒に遊んだり、留学生活を助けてもらったりします。私はベトナム人の子と3人グループだったのですが、カラオケに行ったり一緒に韓国語の勉強をしたりしました。私と同じグループの韓国人の子は、日本に興味があって日本が好きということで少し日本語も話せます。日本に関心がある韓国人と仲良くなれてとても嬉しいです!

 最近、韓国は本当に暑くなってきて虫も増えました。そして、スイカを買いました!すぐに一玉なくなりました。甘くて美味しくて、夏を感じました。

 

 また、6月は友達の誕生日もあったのでカフェのケーキも食べ、とても楽しく充実していました。



안녕하세요. 
建陽大学に留学している阿部です。

今回は、期末テストの様子と韓国の大学での発表、韓国アーティストのライブに参戦した様子についてお話したいと思います。

まず、韓国では一足先に期末テストがやってきました。今年は、学期中の休みが多かったので補講期間もあり、そのあとすぐにテスト期間に入りました。期末ということもあって内容も難しく感じました。ですが、テストを頑張ってほしいという応援のために生徒会のような学生団体がコーヒーなどの飲み物を無料で配ったり、テスト期間中にジャージャー飯を配ったりしていました!!全て無料なのでお財布にも優しいしこんなに応援されていたら頑張らないといけないと感じました!!
テストが終わったあとは、学科の1年生の子達とテストお疲れ様パーティーをしました!!





次に韓国の大学での発表についてです。
韓国人の2人と私の3人で韓国の外食産業についてPPTを作り、ソウルの大学で発表をしました。特に何か賞を取れたわけではないですが、韓国人の学生や教授の前で発表できて貴重な機会だったなと思いました。資料作りから発表までテスト期間も被って大変だったのですが韓国人の友人とより仲良くなれたのでよかったです。



最後に、後輩の付き添いで行った韓国人アーティスト・iKONのソウルコンについてです。コロナもあって対面コンサートに参加するのは本当に久しぶりで少し緊張しました。韓国は、公演中も声出しがOKで撮影も可能なのでとても楽しかったです!!


今月は、これで終わりです!!
また、来月お会いしましょう!!

仁川大学校

 

留学だより(6月分)
仁川大学に留学中の伊藤です。

留学が始まって約4ヶ月が経ち、韓国は梅雨の時期になりました。

【期末試験・教科書について】
今月は期末試験がありました。私は、韓国語と日本語入門という授業の期末試験を受けました。まず韓国語の試験に関しては、中間試験と形式は何も変わりません。しかし今回は、筆記試験に加えてスピーキング試験もありました。スピーキング試験は、ランダムに選ばれたペアと事前に台本を作成して本番に暗記発表するというものです。私は「若者のS N S使用方法」について賛成と反対意見に分かれて発表しました。私の場合は、ロシアの友人とペアになり発表しました。どうしても韓国語かわからなかった時にお互いの母国語が違うので台本を作るのが少し大変でした。これだけではなく事前に提示された3つのテーマでスピーチ内容を考えておき、本番各々がランダムに当たったテーマで1分間スピーチするというものもありました。ちなみにテーマは「環境を保護する方法」「略語・悪口・流行語の使用について」「旅行に行ったら必ずすること」の3つでした。私は、1つ目の環境保護が当たり海洋ゴミの問題に触れながらスピーチしました。
そして日本語入門の試験は、日本人学生の場合レポートになります。今回の課題内容は、「日本語入門の授業を受けたことで自分のアイデンティティにどのような変化や影響があったのか」をA4サイズ2枚ほどで書くというものでした。間近で日本語学習者の様子を見させてもらったことで新しく気づけたこと、自分の中での変化や影響が多く有意義な時間を過ごせました。
 また今月で学部の授業は終わったのですが、この1学期で計5冊の教科書を使用しました。私の場合は5冊で1万円以下でした。直接大学内にある書店で購入する学生も多いですが、私は교보문고というアプリをiPadに入れて、常に授業を受けていました。また教科書は授業が始まって、先生が教えてくださる教科書を確認してから購入するようにしましょう。シラバスに使用する教科書の記載があるのですが、先生によっては別の教科書を使う場合もあります。「あらかじめ買わないといけない」と焦る気持ちも分かりますが、お金がかかる部分なのでしっかり確認してから購入しましょう。
 
↑韓国語授業の様子

↑人文学部の建物
 
↑期末期間限定のチュロス配布(期末頑張れという意味で無料配布されました)

↑学内のお弁当屋さん

【寄宿舎(夏休みの引っ越し)】
 私は元々大学から徒歩10分圏内にあるコステイという建物で生活を送っていました。ですが学部の授業が終わる頃、大学側から夏休みの居住をどこにするのかアンケートが取られました。選択肢は、大学内の寄宿舎(2人部屋・4人部屋)と大学外のコステイという建物(2人部屋・1人部屋)と自分で部屋を探すの3つでした。大学内と大学外の寄宿舎の違いは、部屋の広さ、金額、門限の有無などがあります。個人的な意見なのですが、衛生面を重要視される方は大学外のコステイをお勧めします。しかし金額が大学内の寄宿舎とは違うのであらかじめ金額を確認した上で選択しましょう。ちなみに大学内には学食、コンビニ、お弁当屋さん、ファストフード、カフェがあり平日であれば夏休みも営業しています。コステイの方にもコンビニ、ご飯屋さん、カフェがあります。先ほど大学内外で門限の有無があると記載しましたが、具体的には大学外のコステイに門限はありません。ですが大学内の寄宿舎は門限が0時です。遅延申請をポータルからすれば深夜2時までに伸ばせます。帰る時間が深夜2時を超えそうな場合は、外泊申請対象になるので忘れずに申請しなければいけません。スマホだと上手く画面表示されずできない事もあるので遠出する日はあらかじめ申請しておくといいと思います。
 
↑コステイ(各階にある休憩室・奥にキッチン有り)

【日韓交流サークルトトロ】
 私は、日韓交流サークル「トトロ」に所属しています。このサークルは、日本人留学生と韓国人学部生(日語日文科)がイベントや普段の活動を通して仲良くなろうという目的を持ったサークルです。韓国人の学生たちは別大学のオンラインイベントなどに参加していることもあります。私がトトロに入ってからあった活動(約4ヶ月間)は、歓迎会、お花見(グループ活動)、野球観戦(学生会とのコラボイベント)、ロッテワールド遠征でした。しかし最後のロッテワールドに関しては事情がありイベント自体中止になってしまいました。企画運営は全て学生がしているのでとても大変なのは理解していますが、正直普段の学生生活の方が韓国人学生との交流時間が長いです。トトロで新たな韓国人の友人を作ることはもちろん可能だと思います。ですが、日語日文科所属であれば学生たちにいつでも会えます。仁川大学に興味のある方は、トトロでの活動にも興味があると思いますが必ずトトロに所属しないといけない訳ではありません。仁川大学には日語日文科でなくても日本に関心のある学生が沢山います。学内で日本語を話しているだけで、周りからの視線を感じる時もありますし、「日本人だ」と言われることもありました。自分の行動力次第で色んな輪を広げることができます。その方法の一つとしてトトロに所属するのも良いですね。ダンスサークルなど他サークル、活動団体に所属する学生もいます。留学するとなればたくさんの思い出と友人を作りたいですよね。上手くいかないこともあると思いますが焦らず自分のペースでいきましょう。韓国人の学生たちも日本人と交流したい気持ちがあるようなので、友達は充分にできます。色んな方法を模索して、自分に合うやり方で進んでいきましょう。

【サマープログラム】
 今月末からサマープログラムが始まりました。サマープログラムとは、仁川大学内で行われる韓国語・英語の授業と韓国文化体験で構成された夏休みプログラムです。申請した人のみ参加可能です。仁川大学では語学堂は行わずこのプログラムが語学堂と似たものになると学校の方から聞きました。費用は登録金49500円とフィールドトリップ代30000円でしたが、大学側から参加学生全員に支援金が渡されました。ちなみに私は韓国語コースの授業に参加しているのですが、授業内容は韓国文化を韓国語で学ぶというものです。具体的にいうと、韓国料理やK―P O P、伝統音楽などです。韓国語のクラスには、タイ、フランス、日本の学生たちがいます。全員の韓国語レベルは違いますが一緒に同じ教室で授業を受けます。先生は、学部で受けていた韓国語の授業と同じ先生でした。授業時間は、9:30~14:50まで(お昼休憩あり)です。また週に2回文化体験の時間が授業後(約2時間)にあります。2チームに分かれて行うのですが今週は사물놀이とテコンドーを体験しました。私が所属するAチームはテコンドーだったのですが、思っていた以上に難しかったです。ちなみにこの文化体験は、仁川大学のサークルに所属している学生たちが直接教えてくれます。また文化体験が行われる教室までの案内やサマプロ期間のサポートをしてくれるメンター(学生)がいます。学期中にお世話になったバディの学生とはまた違う方です。またフィールドトリップは、ロッテワールドと景福宮に行く予定です。このプログラムは3週間と短い期間ですが授業が始まって3日ほどで多国籍の友人ができました。学部授業を受けていた時とは違った経験ができています。
 
↑午後の文化体験(テコンドー)

↑サマプロ参加者の皆んな

【放課後】
 今月は、日本のラーメンが恋しくなって新村に行きました。豚人という豚骨ラーメン屋さんなのですがとても人気で昼時に行ったのでとても混んでいました。スープの味に少し違和感があったのでやはり日本に帰ってから食べようと思いました。韓国にも日本料理屋さんは多いですが、どこか違うなと思うことが多いです。美味しいのですが、やはり日本で食べるべきだなとも感じます。また私はフィルムカメラが好きなのでカメラ屋さんにも行きました。自分の趣味を韓国でも楽しめるのは最高です。
そして今月は好きなアイドルの番組観覧に行ったり、韓国ならではのご飯屋さんに行ったりと充実した1ヶ月を過ごしました。

↑ソウルの韓国食堂

↑新村で食べた豚骨ラーメン
 
↑好きなアイドルの番組観覧に参加
  
6月も1日1日を大切に過ごしていきました。何かと忙しい日々を過ごしていますが、全てに意味がある時間なのでとにかく全力で動いています。留学日数が段々と減っていき少し寂しい気持ちもありますが、その分思い出も増えています。半年という短い期間で私は留学生活を終えますが、これまでの思い出と経験は自分の中での強みに大きく繋がると思います。今の自分を褒めつつ、これからの自分の将来に上手く繋げられるよう残りの日々を大切に過ごしたいと思います。

こんにちは。
仁川大学に留学している原田です。

期末試験が終わり、やっと一息つける時間をもてるようになりました。
今回の6月編は、「期末試験」「ゴミ処理方法」「1ヶ月の生活費」の3テーマについて紹介していきたいと思います。
 

『期末試験』

仁川大学校では、6月中旬頃になると期末試験が始まります。授業によってレポートやテスト形式、発表形式など様々ですが、ここでは、私が受けていた授業の期末試験形式と内容についてお話ししていきたいと思います。ざっくりとした方法は下記のようになっております。

・일본도시사・・・△(小論文+発表。内容=日本都市の中で気になったことについて。量=全部で10~12ページ前後が平均。※全て韓国語で書く必要がある。)
・중국어1・・・◯(テスト形式。内容=週1にあるテストから出る。期末は、問題文から説明まで全て中国語、聞き取りテストのみ。量=20問ほど)
・한국문학과영화・・・◯(テスト形式。内容=今まで見てきた映画やPPTの資料の中から出てくる。全て筆記で自分の考えや内容を要約したものを書かなければいけない。量=大問5の中に小3つある部分があった。) 
・5급한국어(2)・・・◯(テスト形式。内容=教科書内で出てきた単語を使って文を作る。量=20~25問ほど。)
・한국어글쓰기2・・・◯(テスト形式。内容=授業内でやった単語テストの総集+韓国語の文で間違えている部分を直す問題。量=20~25問ほど)

今学期とった授業は、思っていたよりも大変でやることが多かったです。そのため授業を選択する際は、バディーの人とよく相談することや韓国語or英語で書かれているシラバスを隅々まで読み、テストのパーセンテージなども気にしながら申請するといいと思います!
また、仁川大学は学科授業・教養授業など学部生として授業をうけることになるのですが、他大学は語学堂をメインとしたプログラムになっている場合が多いため、韓国語で何かを勉強する大学・韓国語(TOPIK)をメインにしっかり勉強する大学で、これから留学される方は、その点を考慮して選択することをオススメします。
       
(日本の都市史の授業風景)


(中国語の教科書)


『ゴミ処理方法』
韓国でも日本と同様にゴミの出し方がいくつか決まっています。この部分について私は、到着後すぐにバディーの人や宿舎の管理する人に教えてもらえなかったため、すごく混乱しました。そのため今回、このゴミ捨ての方法・種類などについてお伝えしようと思います。
まず、ゴミ袋の種類は透明の一般ゴミ袋と黄色の生ゴミ用袋があります。一般ゴミ用袋は、サイズが豊富で5・10・20・50・100Lとサイズに合わせて値段も変わってくるのですが、私的に10~20Lくらいが溜まり過ぎず、量もある程度入れられるので便利です。更にスーパーによっては買い物袋を買った時にその買い物袋が一般ゴミ袋になっていることもあるためすぐに捨てずに確認してみてください!またこれらの袋で捨てられないものが、トイレットペーパーの芯やプラスティック類、ビニール素材のものなどになります。宿舎や地域などによっても出し方が変わってくるとは思いますが、私が住んでいる寄宿舎では、これらのゴミはゴミ捨て場で分別して捨てれば良いという方法になっていました。また、寄宿舎(コステイ)の中には何ヵ所かゴミを捨てられるところがあるので、簡単なものはいつでも捨てられるようになっています。
 
(他地方のゴミ袋)

『1ヶ月の生活費』
2月の中旬から出発し、韓国に来て4カ月ほどが経ちました。今回、生活費を平均してどのくらい1カ月の生活で費用がかかってくるのか、どのようにかかってくるのかなど、実際の生活費について紹介していきます。


※語学堂は今回サマースクールという名前に変更され、人数が少ないことから学校の支援金のようなものにより実質無料で受けることができました。
月や人によって美容・衣類費、交際費、電話料金の部分は変わってくると思いますが、平均して1ヶ月5万円前後が必要だと思われます。その他にも最初の月は、布団セット・日用品・教科書などを買う必要があるため1ヶ月の費用+1万前後を予想して多めにもってくることをオススメします!

仁川大学校に留学中の山口です。

6月は期末試験がありました。私が1学期で履修した期末試験内容です。
3급한국어, 3급한국어연습 後期に使った教科書一冊分の書き、読み、聞き、単語、文法などの内容が教科書全体から出ました。またスピーキングテストも行い、内容としては1学期で習った全ての内容の中からランダムで出題されました。まずは先生と一対一、次にペアでの会話の試験でした。

한국어 이해의 기초, 한국어 표현의 기초 パワーポイントで自分の国の礼儀についてまとめて発表するという試験でした。発表時にはグループで分かれて一人ずつ発表を行いました。他国の礼儀や文化を知れました。この試験の評価基準としては、パワーポイントで使われた韓国語、発表する時の原稿などが評価基準だと聞きました。



한국문화의뉴웨이브 試験形式はレポートでした。この授業は英語で韓国について学ぶ授業でした。レポート内容は慰安婦問題解決のために何から始めることが重要かという題でした。レポートを書く条件として、5~8段落、A4用紙3~6枚で書くことでした。



일본명작감상 試験形式はレポートでした。日本の名作についての授業でした。5問ある中から3問選んで回答する問題、日本古典文学史の流れを眺望しながら、代表的な作品を今ここで読む意味について自分の感想を30行以内に書く問題、授業についての意見を述べる問題もありました。


期末試験は中間試験の時よりも難易度が上がり、試験勉強も思っていたよりうまく進まず難しかったです。しかし、試験日に勉強した実力をすべて出し切るために一生懸命努力できたと思います。現在は夏休みに入ったので休み期間にも韓国語の勉強を怠らずにやりたいと思います。

韓国の仁川大学に留学している秋田です。

6月になりすぐ韓国は期末テストがありました。今回はテスト期間の時の私の1日を紹介したいと思います。

 

まず基本的に授業は午前中のうちに終わるものが多く、韓国語の授業は2時間続けての授業なので、朝の9時から12時くらいまでは授業を受けます。そして、授業が終わったらお昼ご飯を食べます。お昼ご飯は、友達と学食や学校内にあるお弁当屋さん、コンビニなどで食べることが多かったです。お昼ご飯を食べ終わったら部屋で少し休憩をしてから、寮の裏側にあるカフェに行って勉強をしていました。部屋で勉強をしていると集中力がすぐに切れてしまうので、私は少し騒がしいくらいのカフェに行って勉強をすることが多かったです。そこのカフェはテスト期間になると多くの人が利用するので、席がないこともあります。大体6時くらいまで勉強をして、夜ご飯を食べます。夜ご飯はコンビニか배달をして食べていました。私は짜장면が好きで、탕수육と一緒に頼んでよく食べています。部屋に帰ってからもカフェでできなかったものをやったりして、少し勉強をしてからお風呂に入って寝ていました。

今回の期末テストは韓国語の授業で筆記、リスニング、スピーキングのテストがあり、学科の授業ではレポート提出のテストがありました。学科の授業のレポートは韓国語と英語で書くものだったので何日もかけて確認をして、翻訳機も使いながら書いていました。やはり韓国でテストを受けることは簡単なことではないですが、毎回これが自分の力になるんだと思って頑張っています。

今回はテスト期間の私の1日についてお話ししました。毎日がこのようなわけではありませんが、留学を考えている学生さんに少しでも韓国の学校のテスト期間の雰囲気が伝わっていれば嬉しいです。

6月の後半からはもう夏休みに入っていて、9月まで休みがあるので、普段行けないような少し遠いところや旅行もしてみたいなと思っています。これからも充実した生活ができるように色々と工夫していきたいと思います。

仁川大学に留学している北川です。

6月に入って早々体調を崩してしまい、初めて大学病院へ行きました。留学生サポートラインという留学生をサポートしてくれる会社に電話をして病院を探してもらい紹介された病院へ行きました。サポートラインの韓国担当の方がお医者さんの言っていることを電話を通して通訳してくれたのでとても助かりました。

体調が回復した頃に韓国語の期末試験がありました。韓国語の授業を2つ受講しているのですが一方の韓国語の期末試験はPPTで自分の国の礼儀を発表するという試験でした。韓国語の授業を受講しているのは様々な国の人たちなのでその発表で多くの国の礼儀を知れました。もう一方の韓国語の授業は筆記試験とスピーキング試験がありました。スピーキングの試験は2人ペアになって会話を3分ほどするというものと先生と一対一での会話があったのですが事前に問題が提示されていたので落ち着いて受けることができました。日語日文学科の授業の期末試験では、生徒が考えた問題が出題されるという初めての経験をし、とても新鮮でした。

 

6月中旬に期末テストが終わり、夏休みに入りました。授業がない生活になりソウル方面に遊びに行けるようになりました。カムジャタンという鍋料理やソルビンというかき氷のようなものを初めて食べました。4カ月ほど韓国にいますが、韓国料理を制覇するにはまだ程遠いと思いました。

夏休みは8月の終わりまであるので秋に受ける予定のTOPIKの勉強をしながら、韓国国内旅行をしてみたいです。

*

仁川大学に留学中の大坪です。韓国は最近梅雨入りし、湿気で髪がまとまらなくて嫌な日が続きますが、期末テストが終わったので気が楽です。

今月は期末テストがありました。韓国語のテストはペーパーテストで、リスニング、読解、作文が出題されました。そしてスピーキングテストもありました。ペアの人と先生の前で3分程度会話することと、先生が出題する質問に答えるという感じでテストを受けました。話す・書くのテストではPPTに日本の礼儀をまとめて留学生と先生の前で発表という形式でした。学科のテストでは中間テストと同じようにレポート形式でした。出題された問題がとても難しく、個人的には学科のテストが一番難しかったと思います。

授業やテストが終わったので友達と遊んだりすることがすごく楽しいです。後期も気を緩めすぎないように楽しく過ごせたらいいなと思います。