検索
メニュー
メニュー

韓国プログラム

  • 異文化理解
1422-01.jpg
1422-02.jpg

韓国プログラムは国際文化学科の中心的なプログラムとして多くの学生を韓国への留学と研修に送りだしています。1年次に韓国語1A,1B,韓国語検定演習a, bなどのクラスを履修して韓国語力を大幅にアップします。またFundamentals of EnglishなどJIUの多彩な英語の授業、そして国際文化学科独自の基礎演習I,IIで英語力を鍛え、「留学プランニング」では実際の留学へ向けた様々な準備を行います。

梨花女子大、韓国外国語大、仁川大、西江大、韓南大、建陽大、東西大など、そうそうたる留学先に毎年多くの学生が留学を果たし、文化を学び、友人を作っています。

留学から戻った後、資格を取りインターンシップを経験することで自分が本当にやりたいと思える仕事に就くことが出来た先輩たちが多くいるのも韓国プログラムの特徴です。

I.韓国語と英語 ➡ II. サマーセミナー‧研修 ➡ III.交換留学・JEAP留学 ➡ IV. 資格‧インターンシップ ➡ Ⅴ.国際化する日本で活躍する!

1422-03.jpg
韓国の歴史文化体験
1422-04.jpg
語学堂の友人たちと楽しいひととき

韓国留学を経て希望する仕事を見つけた先輩たち

1422-05.jpg
東日本旅客鉄道株式会社勤務
(2016年卒)
1422-06.jpg
HIS(エイチ・アイ・エス)勤務
(2017年卒)

1年次は韓国の文化と語学を中心に勉強し、2年次に約1年間、韓南大学に留学しました。韓国では語学を学ぶだけでなく、多様な仲間と関わり合いながら、現状に安易に満足することなく自分を向上させることができました。帰国後は大学で開かれた資格支援講座に参加し、国内旅行業務取扱管理者資格を取得、長野県庁観光部署でインターンシップも経験しました。社会に出て、沢山の壁にぶつかると思いますが、そんなとき大学で培った知識や経験を少しでも活かせればと思っています。 (福田さん、韓南大留学、2016年卒)

1422-07.jpg
1422-08.jpg

菅原さん(2014年度卒) 韓国:韓国外国語大学校

1422-09.jpg

私が韓国に留学をした一番の目的は、韓国語を向上させるためでした。大学を卒業したら韓国語を使う職に就きたいと考えていたからです。一番の成果は、聞き取りが留学する前や、留学当初に比べてそれなりに聞き取れるようになったことだと思います。留学をすることで必然的に韓国語に触れるようになり、その中で聞き取る力が一番向上したと思っています。

国際文化学科には韓国姉妹大学からたくさんの留学生が来ています。

韓国人留学生の声

「留学に来て、日本語を学び日本語能力を向上させるのはもちろんのこと、日韓翻訳‧通訳などの語学授業を日本人学生たちと学習することが出来とても楽しいです。また日韓比較文化という科目を通じて、日韓の文化の違いについても知識を深めることができました。

常日頃日本語がもっと上手になるためには、日本に行ってみないといけないと思っていたので、念願の留学が叶いとても嬉しかったです。また、日本人学生のみならず地元の日本の方々と直接交流ができるということも大きなメリットだと思います。そしてJIUキャンパスでは海外の方々が多く、さまざまなイベントや交流パーティにも積極的に参加し、おかげでたくさんの友人が出来ました。残りの留学期間も有意義に過ごしていきたいと思います。」

1422-10.jpg