検索
メニュー
メニュー

台湾留学便り(山口、淡江大学)2019年2月

  • 留学便り(台湾)

こんにちは。

台湾の淡江大学に留学している山口瑞生です。

台湾に来て1週間ほど経ちました。日本で期末テストを受けた直後の留学だったのでかなりばたばたしていましたが、ようやく台湾での生活にも慣れて来たところです。

 

台湾に来た次の日には中国語のクラス分けテストがありました。このテストを基準に中国語のクラスが分けられ、スピーキングとライティングのそれぞれ自分に合ったレベルの内容の授業を受けています。クラスにはインドネシア人や韓国人、フランス人など様々な国の留学生がいるので、授業は英語と中国語を織り交ぜて行われています。他の国の留学生と話すとき、私は英語も中国語もスラスラ話すことはできないので意味を調べたりしてなんとか話すことができています。意味が通じて会話ができるととても嬉しいです。
 

 

また、学校の周辺には食べ物屋さんがたくさんあります。私が住んでいる寮ではご飯が出ないので、大体外に食べに行っています。台湾のお店は注文用紙に数を書いて注文をする方法なので簡単に注文ができます。下の写真は、寮の近くの小火鍋屋さんで食べた鍋です。日本よりもとても値段が安いので食べ過ぎないように気をつけていこうと思います。