検索
メニュー
メニュー

アロマコーディネーター

  • 資格・進路
591-01.jpg

日本アロマコーディネーター協会(JAA)認定 「アロマコーディネーター」の受験資格が得られます。日本にはいくつかのアロマ協会があり、協会によって資格制度に多少の違いがあります。
一般的には、協会が認定するスクールでアロマセラピーの基本をひと通り学び、認定試験に合格すると、「アロマコーディネーター」や「アロマアドバイザー」などの資格が得られ、広く一般にアロマを広める活動ができるようになります。
さらにアロマに関する知識を深めてアロマのプロとして活躍する資格として「アロマインストラクター」などがあります。単発セミナーを開催したり、スクールを開講したり、アロマ講師としての活動ができます。
また、精油を用いたトリートメント技術を学び、実際に人に施術を行う「アロマセラピスト」の資格認定を行っている協会、スクールもあります。
さらに、国際的なアロマ資格(IFAなど)が取得できるコースを開講しているスクールもあります。

日本アロマコーディネーター協会(JAA)では

  • アロマコーディネーター
  • アロマインストラクター
  • チャイルドケア
  • アロマハンドリラックス

などさまざまな資格認定を行っています。

城西国際大学はJAAの法人加盟校です。

環境社会学部と薬学部でJAA認定のアロマコーディネーター資格取得に対応した講座を開講しています。

アロマ資格取得者の活躍の場

アロマの資格を取得すると、活躍の場が広がります。

お子様からお年寄りの方まで、アロマの楽しさと素晴らしさを伝える場所がたくさんあります。
例えば···

  • アロマショップで···お客様にあった精油をご提案する、ミニセミナーを開催する
  • アロマセミナーの開催など、講師として活動する
  • 化粧品メーカーや香料メーカーで働く
  • 自宅で···アロマスクールやアロマトリートメントサロンを開く
591-02.jpg
591-03.jpg

近年、アロマセラピーの分野も科学的に研究されるようになり、心と体に対する作用が証明されつつあります。
今後ますますアロマが活躍する場面が増えてくるでしょう。
アロマセラピーを学んで、体感して、心身ともに健やかな生活を送りましょう。