検索
メニュー
メニュー

園芸療法士・生活園芸士

  • 資格・進路
592-01.jpg

人間とみどりの新しい時代を拓く

環境社会学部では在学中に「園芸療法士」と「生活園芸士」の資格を取得することができます。
これらの資格は授業を受講して単位を取得することで、(財) 全国大学実務教育協会から授与されます。別途の資格試験や認定料等の負担はありません。
花やみどりを育てる園芸は日本人の代表的レクリエーションですが、六本木ヒルズの屋上に田んぼや畑が作られるなど、都市生活者のリラクゼーションツールとしても注目されています。しかし最近では園芸は単なる趣味にとどまらず、高齢者や障がい者のリハビリテーションや、まちづくり、観光開発などにも利用されています。
このような園芸の新しい分野では植物や栽培方法に詳しいだけではなく、屋上など本来植物の生育に適しない特殊空間や、共に活動する高齢者や障がい者をよく理解している人材が必要ですが、まだまだ不足しているのが現状です。
政府の策定した日本の成長戦略では「環境」、「健康」、「地域活性化」は今後成長するビジネス領域とされています。これらの領域は、実は園芸の新分野と重なる部分が多いのです。
環境社会学部では「園芸療法士」、「生活園芸士」の資格取得を通じて、社会の成長に貢献する人材を育成したいと考えています。