検索
メニュー
メニュー

国内研修(No.3)自治体と連携して環境を多角的に学ぶ(茨城県牛久市)

  • 国内研修

平成28年度の環境社会国内研修は、「バイオマス産業都市構想」に基づく循環型都市づくりや農業法人による耕作放棄地の再生、NPO法人アサザ基金による霞ヶ浦の水源地保全に向けた棚田の再生、環境教育の取り組み等、地域の環境保全と農業振興に向けた先進的な取り組みを展開している茨城県牛久市をフィールドとして、8月22日から26日までの5日間にわたって研修を実施しました。

詳しくはニューズレターVol.27をご覧ください。

ニューズレターVol.27「自治体と連携して環境を多角的に学ぶ -環境社会国内研修-」(PDF)

Newsletter27-600x430.png