検索
メニュー
メニュー

ハンガリー、デブレツェン大学、マリアンナ・ズィハール博士公開授業(7月16日(火)、17日(水))

  • その他

A Series of Open Lectures by Dr. Zichar Marianna, University of Debrecen, Hungary

On the Erasmus+ Teaching Mobility Programme under the auspices of the European Commission, and in cooperation with the Josai University Educational Corporation, the Department of Social and Environmental Studies, Josai International University, held on Tuesday 16th and Wednesday 17th July a series of open lectures on the technology of the 3D (three-dimensioned) printing by Dr Zichar Marianna, Associate Professor, Faculty of Informatics, University of Debrecen, Hungary. People at the Department are delighted to have an opportunity of receiving her from the university in return for Professor Taki’s visiting there this April. Dr Zichar has in the first lecture discussed with the participants in this series, mainly the second- to fourth-year students and teachers at the Department, the basic ideas of the 3D printing under a wider context of manufacturing, specifically the categories of additive and subtracting manufacturing, with numerous specimens of 3D printed product exhibited. From this introduction she has in the second lecture developed her subject-matter into the effects of the 3D printing on society present and future, not only in waste-reducing and energy-saving utility or medical individually-tailored prostheses but even in nutrition supplement by 3D printed food. Meeting and mutual talking in person over national and cultural boundaries this time will contribute to building a true and firm international relationship as Erasmus once wished.

環境社会学部では、7月16日(火)、17日(水)、欧州委員会の設けるヨーロッパ外の国も参加できるヨーロッパの大学との教員交換派遣プログラム「エラスムス・プラス教員派遣プログラム」にて、学校法人 城西大学との連携で、ハンガリー、デブレツェン大学、情報学部、准教授、マリアンナ・ズィハール博士による3D プリンティングという技術に関する連続講義を開催しました。この度このように瀧教授本年4月デブレツェン大学訪問に引き換えてズィハール先生をお迎えできたことは学部教職員学生の喜びとするところです。具体的な講義内容としては、学部2年生から4年生を主たる参加者として、第1講義は、3Dプリンティングの基本的なことがらを、製作された見本を交えながら、押さえつつ、ものづくり一般にまで、特に、ないところから積み上げ付け足すものづくりとあるものから削ったり切り取ったりするものづくりという根本的な違いにまで遡って論じられました。第2講義では、これら基礎知識を土台として、3Dプリンティングという技術が現在ならびに将来の社会にどんな影響を与えるかという問題にまで広げ、とりわけ、切り屑削くずなどを出さない不要物を削減したりエネルギー消費を節約するといった効用や医療において個人個人に合わせて仕立てる身体補装部品というものだけでなく、食べ物を3Dプリンターで作り出して栄養補給に役立てるといったことがらにまで及びました。今回、人と人とが直接出会いお互い話し合うという機会を、文化や国という境界を越えて実現できたことは、国と国との関係を真に堅固なものとするでしょうし、それはまたこのプログラムの名として冠するに至ったエラスムスがかつて願ったことでもありましょう。(文責:瀧章次)